無料ブログはココログ

トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

インフォメーショングラフィクスについて

小池です。blogはすごいです。一昨日はじめたばかりなのにトラックバックをもういただきました。ありがとうございます。更新も簡単です。もっとはやく始めればよかったです。あとは継続あるのみ。

インフォメーショングラフィクスについて
インフォメーショングラフィクスについて簡単に説明します。最近、新聞や雑誌に、文章とは別に図や、写真、イラストを複合的に使用して、事件や事故などを伝えているものがあります。これがインフォメーショングラフィクスです。(以下IGと呼ぶ。)挿し絵とは異なります。

よく目にするのは
朝日新聞のNIE(Newspaper in Education 教育に新聞を)などです。
http://www.asahi.com/edu/nie/

尼崎・列車脱線事故の報道でも多くのIGが使用されました。
http://www2.asahi.com/special/050425/amagasaki/amagasaki0426.html
など。

情報を図解で表現する試みは、「ピクトグラム」としてヨーロッパで歴史がありますが、最近は特に、アメリカの新聞などで発達しました。アメリカでは異なる言葉や、文化をもった人々が多くいるため、IGを使用して多くの人に情報を伝える必要があります。また、現代のように印刷物やディスプレイを通して複雑な情報を大量に伝えたり、理解するためにIGが必要なのです。小池研究室はIGの研究を行い、また、小池ゼミに配属された学生がはじめて挑戦する課題としてIGを描いています。今回の「インフォメーショングラフィクス展2005」は3年生のIGの成果を発表します。現在、彼らは展覧会に向けて最後の不眠不休の作業をしています。応援してください。

2005年5月29日 (日)

インフォメーショングラフィクス展2005と講演会のお知らせ

050530info

さっそくですが、小池研究室の展覧会のお知らせです。 6月4日(土)、5日(日)武蔵工業大学環境情報学部の学園祭において小池情報デザイン研究室が「インフォメーショングラフィクス展2005」を開催します。事件、事故、社会問題などの情報をグラフィックを用いてデザインします。5月に小池研究室に配属された15人の学生の作品です。是非見に来てください。

また、5日は特に、日本や世界においてもインフォメーショングラフィクスの第一人者である、TUBE GRAPHICSの木村博之氏が講演と学生作品の講評にいらっしゃいます。
木村氏の仕事は、出版物や企業の戦略グラフィックスなど多岐にわたり、長野オリンピックの公式ガイドのインフォメーショングラフィクスなどもデザインされています。
講演では、木村氏の最近のお仕事などもご紹介いただく予定です。
展覧会、講演、講評は、どなたでも参加することができます。
是非いらしてください。

インフォメーショングラフィクス展2005
主催:武蔵工業大学環境情報学部 小池情報デザイン研究室
日時:6月4日(土) 12:00-20:00
    6月5日(日) 10:00-18:00
場所:武蔵工業大学横浜キャンパス 3号館4階 
   グループワークルーム

講演
日時:6月5日(日)14:00-16:00
場所:グループワークルーム
講師:木村博之(きむら ひろゆき)氏
    株式会社TUBE GRAPHICS代表
   http://www.tubegraphics.co.jp

講演タイトル:
 「わかりやすくする視点」

小池情報デザイン研究室blog始動!

武蔵工業大学環境情報学部で情報デザイン研究室を主宰している小池と申します。
はじめまして。
このたび、研究室の活動を紹介するblogをはじめました。

研究室にはWebもあるのですが、忙しさにかまけて、ながらく放置状態になっておりました。さらに、小池研究室に関心のある、関係各方面のみなさんにたくさんのご批判をいただきました。申し訳ありません。しかし、このことは、小池研究室のことをもっと知りたいという方々が多くいらっしゃることでもありますし、私たちも、もっと研究室の情報発信をしっかりしなければならないと反省しました。Webもきちんとリニューアルして再開したいと考えておりますが、とにかく、どんなレベルでも情報発信をしていくことが重要と考え、blogで研究室の活動をご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

トップページ | 2005年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31