無料ブログはココログ

« 徹夜で展覧会の準備 | トップページ | インフォメーショングラフィクスのテーマ »

2005年6月 4日 (土)

学生達のデザイン環境

展覧会を行う小池研究室の3年生は4月末に小池研究室に配属されたばかりです。本学は純粋なデザイン学科ではありませんので、彼らは1年生からデザインを勉強しているわけではありません。3年生から小池研究室にはいってからデザインの勉強を始めた学生たちばかりです。彼らは、コンピュータリテラシーはありますが、デザインに使用しているマッキントッシュやイラストレータを使うの皆ほとんど初めてで、インフォメーショングラフィクスを描きながらイラストレータの使用方法を学んでいます。また、彼らには、時間がありません。配属されて、連休明けからの最初の課題がインフォメーショングラフィクスで、課題を行う期間が3週間ほどです。さらに、デザインを行うのは研究室のゼミ活動のみなので、彼らは毎日通常の授業が終わってから、研究室や、コンピュータルームに集まって、夜遅くまで作業をしています。このような厳しいデザイン環境ですが、モチベーションはとても高い学生達です。このような事情をご理解いただいた上で明日からの展覧会の作品をみていただけると幸いです。

« 徹夜で展覧会の準備 | トップページ | インフォメーショングラフィクスのテーマ »

研究室活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/4400512

この記事へのトラックバック一覧です: 学生達のデザイン環境:

« 徹夜で展覧会の準備 | トップページ | インフォメーショングラフィクスのテーマ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31