無料ブログはココログ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月31日 (日)

展覧会終了

本日5時15分で展覧会は、盛況のうちに無事終了しました。2日間にわたり、多くの方々に研究室の成果を見ていただくことができました。来場いただいた方々、ありがとうございました。

2005年7月30日 (土)

展覧会一日目終了

展覧会一日、無事目終了しました。パイオニアデザインのデザイナーの那須さんと鶏徳さんによる公開講評も無事終わりました。午後1時から始めましたが、終了したのは5時すぎ。16人の聴くためのデザインを行った学生がプレゼンして、お二人が、一人一人丁寧にコメントをしていただきました。長時間の講評、本当にありがとうございました。学生にとってもよい経験になりました。また、会場には多くの現役のデザイナーの方も来ていて、貴重なコメントやアドバイスをいただきました。展覧会は明日の午前10時からあります。是非来てください。

展覧会はじまりました

IMG_3551
本日午前10時から小池研究室の「聴くためのデザイン展」および併設展がはじまりました。多くのお客様にお越しいただいています。学生たちもはりきっています。是非来てください。午後1時から聴くためのデザインの講評会もあります。本日は、武蔵工業大学環境情報学部のキャンパス見学会の日でもあります。他の研究室の展示もたくさんあります。

小池情報デザイン研究室卒業研究展2006

来年に開催される小池情報デザイン研究室卒業研究展2006のWebが一部稼働をはじめましたのでご紹介します。画面左にリンクがあります。今回の展覧会でこの卒業研究の中間発表を4年生が行います。この中間発表で展示したものを完成させたものを来年展示予定です。展覧会の会場でもこの卒業研究展2006のお知らせをします。是非ごらんください。

いよいよ明日から「聴くためのデザイン展」

学生達の作品の準備も、会場の設営も進んでいます。徹夜でがんばっている学生もいます。小池研究室は現在学部生3、4年、大学院1年、2年の4学年34人が在籍しています。聴くためのデザイン展は基本的に3年生の課題ですが、4年生の一部が参加したり、会場の設営なども上級生がアドバイスしたり、サポートしてくれることによって準備、運営されます。そうしないと、私一人ですべてを指揮することはできません。この展覧会は4学年の協力と、上級生から下級生へのノウハウの蓄積や伝授によって成立しています。まさに研究室とは知識やノウハウなどの情報を共有する組織体です。

明日は午後1時からパイオニアデザイン株式会社のデザイナーの那須利夫氏と、鶏徳昇氏による、聴くためのデザインの公開講評があります。今月、聴くためのデザインの課題の途中段階のものをみていただくために、小池研究室はパイオニアデザインにお邪魔して会社見学や、プレゼンをしてきました。今回は、課題の完成品をパイオニアデザインの方を大学にお招きして講評をしていただきます。

一部私のところにお問い合わせがありましたが、この展覧会はどなたでもみていだくことができます。是非いらしてください。

2005年7月26日 (火)

5000アクセス達成!

いつも見ていただいてありがとうございます。ブログを書くことは、実在する研究室のことを書いていることもあり、それなりに緊張して書いています。しかし、Webだけのときに比べれば、格段に研究室の情報を発信できるようになりました。今週末の展覧会に向けて、研究室の活動をご紹介していきたいと思います。本学は、今試験期間であり、研究室の学生たちは、試験をかいくぐりながら展覧会の準備をしています。また、今年は、企業のデザイナーの方をお招きして公開講評を行いますので、講評に耐えられるものを作らないといけません。とても大変だと思いますが頑張ってほしいものです。

2005年7月25日 (月)

聴くためのデザイン展 詳報

今週末にある小池研究室の展覧会の詳報です。

「聴くためのデザイン展」および併設展のお知らせ

今週7月30日(土)、31日(日)に開催される
武蔵工業大学環境情報学部のキャンパス見学会において
小池情報デザイン研究室が、以下のような成果発表を
行います。会期中に、企業デザイナーによる学生作品の公開講評、公開参加型デザインがあります。

日時:7月30日(土)、31日(日)
午前10:00から午後4:30

場所:武蔵工業大学環境情報学部
3号館5F YCホール

展示内容
●聴くためのデザイン展 (3年生全員、4年生有志)
 オーディオ機器のデザインを学生自身の音楽を聴く活動からデザインしました。
展覧会Web
   
このオーディオ機器の課題は、パイオニアデザイン株式会社とのコラボレーションによって行われています。30日(土)午後1時から、パイオニアデザイン株式会社のデザイナーの方々による学生作品の公開講評が会場であります。公開講評はどなたでも見ることができます。パイオニアデザインのデザイン活動のご紹介もしていただきます。


●株式会社ユー・アイズ・ノーバスとのユーザビリティに関する共同研究の発表(大学院生)

●卒業研究中間発表(4年生)
 卒業研究中間発表Web

●広場のリニューアルデザインプロジェクト(3年生)

31日(日)午前10時から会場で、大学のある横浜市営地下鉄中川駅近くにある広場のリニューアルのためのデザイン検討を、付近の住民と、 NPO住民団体I LOVE つづき
と小池研究室で、公開参加デザインを行います。公開参加型デザインはどなたでも見ることができます。

●2年生のレゴによるグループワークの実践発表(教職課程2年生)
教職課程2年生の授業でレゴマインドストームを使用して、移動するロボットをデザインするグループワークを行いました。この実践の発表を行います。
この授業では、ロボットをデザインしていくグループワークの環境をどのように整え、どのように指導していったらよいのかを、学生自身がグループで実践することによって学びます。ロボットの実物展示も行う予定です。

多摩美オープンキャンパス行きました

先週土曜日に多摩美術大学の八王子校のオープンキャンパスに行きました。小池研究室の学生も金、土に分散して見に行きました。私は情報デザイン学科の1年生の授業を非常勤で教えているのですが、彼らが2年、3年になり、作品の展示会場で作品の説明をしてくれました。皆成長してすごい作品を作っているのがうれしかったです。八王子校は地の利は駅から離れていてよくないのですが、大勢の高校生が詰めかけていました。情報デザイン学科の他に、プロダクト、グラフィック、メディアアート、ファインアートなどの学生作品が一堂に展示してあって、毎年見るのが楽しみです。

2005年7月18日 (月)

教育実習事後指導会

またまた、あいてしまってすいません。大学は試験期間にはいります。私も試験監督をやります。
 先週の金曜日に、教育実習の事後指導会を学内で行いました。これは教職課程の4年生が、高校への教育実習を終えて大学に戻ってきて、その報告会です。本学も来年初めて教職課程の一期生を出すので、事後指導会もはじめてです。皆、実習に行く前は、不安がありましたが、高校へいって、高校生と毎日真剣に向き合って授業を行うことで、教えることの楽しさや大変さを学んだようです。現在の高校の実態も見えてきます。実習の最終日には、高校生たちからプレゼントや花束、その上、歌も歌ってもらって送り出され、ウルウルの感動的な体験をした学生もたくさんいました。
 実習にいったことで、本気で教員になりたいと思った学生もいます。目に見えて精神的に成長した学生もいます。教職課程の学生の大きな山場のひとつはこの教育実習で、このために4年間、多くの授業を履修してきたのですから、大きな達成感があったと思います。教育実習は、企業のインターンシップと同様に学生の精神的な成長を助ける大切な場だと思います。後期にも数名実習に行く人もいます。がんばってください。実習でお世話になった高校の先生方、ありがとうございます。

2005年7月10日 (日)

4000アクセス達成!

ありがとうございます。地道に更新を続けます。最近会う人たちが、「研究室のブログ見ています」といってくれます。ありがたいですね。自宅の通信環境もADSLから光へ、自宅のモニターも19インチにパワーアップしたので更新がんばります。今月30日、31日の小池研究室の展覧会に是非来てください!

2005年7月 8日 (金)

ロボットのいる幼稚園

昨日、東京都世田谷にある、東横学園二子幼稚園に研究室の学生と調査に行ってきました。ここで小池研究室は、毎年、ロボットの実験をさせていただいています。NEC との共同研究で、NECロボット開発センターが開発中のパーソナルパートナーロボットPaPeRo(パペロ)と幼稚園児とのコミュニケーションを調べています。PaPeRoは、愛知万博でも活躍しています。今、人間とコミュニケーションできるロボットが注目されていて、将来家庭にもロボットがはいってくるといわれています。しかし、ロボットが本当の意味でどのように人間のコミュニティにはいっていけるのかどうかは、まだわかりません。それは人間とロボットとが共存しているフィールドがほとんどないからです。小池研究室では、ロボットと人間が共存しているフィールドを一時的に作り出し、ロボットが人間の日常生活の中にはいりこむために必要なロボットのデザインの研究しています。現在は園児の日常生活の様子や、幼稚園の活動を調べています。毎年幼稚園に来るPaPeRoは園児たちの人気者です。

NECロボット開発センター
東横学園二子幼稚園

多摩美術大学オープンキャンパス

7月22日(金)、23日(土)に多摩美術大学八王子校舎のオープンキャンパスがあります。
小池研究室も毎年ゼミ生と見にいっています。2日間で3000人が見に来るといいます。すごいですね。行くと、在校生たちが迎えてくれて、作品を展示して説明してくれたち、デザインの実習をさせてくれます。ほとんど学園祭のノリです。大人が見にいっても楽しいです。

7月22日(金)
9:00〜16:10
7月23日(土)
9:00〜16:10

多摩美術大学オープンキャンパス

2005年7月 7日 (木)

パイオニアデザイン株式会社訪問

昨日、3、4年生のゼミ生と東京の目黒にある、パイオニアデザイン株式会社を訪問しました。午後会社に着いて、会社説明、ショールーム見学、デザインの仕事場を見学させていただいたあと、学生の「聴くためのデザインの」のアイデア段階のプレゼンをして、パイオニアデザインのデザイナーの方達にアドバイスやコメントをいただきました。学生にとっては、プロのデザイナーの仕事場や、生のコメントをいただくことは大変勉強になります。デザイナーの方達からは、学生の発想の新鮮さや意外さがとても刺激になったといわれました。今後は、月末のキャンパス見学会で行われる「聴くためのデザイン展」において、パイオニアデザインのデザイナーの方達に、大学に来ていただいて、学生作品に対して公開講評をしていただきます。学生の皆さんは、もう展覧会まで時間がありませんが、いただいたコメントを反映させてがんばってください。今回のように企業と大学がコミュニケーションして、お互いに刺激し合うようなコラボレーションは今後、いろいろ進めていきたいと思います。パイオニアデザイン株式会社の皆様ありがとうございました。

パイオニアデザイン株式会社

2005年7月 6日 (水)

「聴くためのデザイン」展

7月30日(土)、31日(日)の環境情報学部のキャンパス見学会において、小池研究室は「聴くためのデザイン」展を開催します。学生自身の音楽を聴く活動から、新しいオーディオ機器のデザインをします。

併設展として、
3年生の「広場の参加デザイン」の途中経過発表
4年生の卒業研究の中間発表
大学院生による企業との共同研究の発表
2年生のレゴマインドストームを使用したグループワークの実践

などの発表を行います。

「広場のデザイン」プロジェクトの「公開参加デザイン」を行う予定です。(日程未定) 会場で広場近隣の住民を招いて、公開で住民参加で広場のデザインを考えます。

パイオニアデザイン株式会社のデザイナーの方を招いて、 学生達のオーディオ機器のデザインの公開講評をしていただく予定です。(日程未定)

是非来てください。


「聴くためのデザイン」展
期日:7月30日(土)、31日(日)
時間:午前10時から午後16時30分
場所: 横浜キャンパス 環境情報学部3号館5階YCホール
参加者:小池研究室3、4年生、大学院生
           NPO法人 I LOVE つづき

聴くためのデザイン展

武蔵工業大学環境情報学部キャンパス見学会

7月30日(土)、31日(日)に武蔵工業大学環境情報学部においてキャンパス見学会を開催します。是非来てください。小池研究室も「聴くためのデザイン」展を行います。

環境情報学部キャンパス見学会

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31