無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月30日 (水)

Directorは死なず

Digital Pruducer Magazineというサイトで"Director Is Not Dead"という記事がありました。(Macお宝鑑定団から)Macromedia(Adobe)が出しているDirectorというソフトはインタフェースデザインや、情報デザインに関係している人は、かつてお世話になったことがあると思います。そのDirectorの開発者のインタビューが載っています。

Directorはオーサリングソフトと呼ばれ、いわば「ソフトを作るソフト」です。プログラムをあまりしないでインタインタラクティブなコンテンツやインタフェースのプロトタイプを作る事ができます。かれこれ15年近い歴史があり、はじめはVideoWorksという名前でアニメーションを作るソフトでした。それがMacroMind Directorという名前にかわり、リニアなシーケンスだけでなく、任意の場所にジャンプしたり、インタラクティブな機能をプログラムするスクリプトがつきました。そのスクリプトはLingoと呼ばれています。FlashのActionScriptのようなものです。

90年代初頭はいわゆるマルチメディアの勃興期でした。このときはCD-ROMの制作が盛んで、DirectorはCD-ROMのオーサリングツールとして用いられていました。私が多摩美術大学でDirectorにであったのもそのころです。

90年代後半になってインターネットが発達して、コンテンツの流通がCD-ROMからインターネットに移っていくと、インターネットに対応して軽いデータが作れるMacromedia Flashが使用されるようになってきました。当時、FlashもDirectorも同じMacromediaの製品でどうして同じようなソフトを同じ会社が出すのか不思議でした。

Flashはインターネットの発達とともに改良され、ネットのオーサリングソフトの代表にようになっています。
今、大学でもDirectorを使ったデザインを教えているのですが、値段が高い(アカデミックでも7万くらいする)、参考書が少ない、FlashもDirectorと同等の機能を備えるようになって、授業もFlashでやろうとしています。値段が高いと学生が買えませんし、参考書がないと学生が勉強ができません。Webデザインという観点からもFlashを勉強したほうがよさそうです。

Directorは8.5からMXや、MX2004のバージョンになってやっとOSXに対応したのに、その後大きなバージョンアップがなく、そのうちにMacromediaがAdobeに買収されて、Directorは消えてしまうのかと思いましたが、記事によると2007年の早い時期に、IntelMacにも対応するユニバーサル版や、WindowsVistaに対応するべく準備中とのことです。

Directorは、Shockwaveのゲームや、3D、DVD、教育用ソフト、Kioskのオーサリングなどのニッチを狙うようです。DirectorはFlashと違い、DVDなどの重いデータを扱うのも得意ですから。新しい機能もつくかも知れません。

個人的にはDirectorが生きていてよかったと思います。インタフェースもFlashよりDirectorのほうが好きです。希望としては、Flash並に値段を下げて欲しいです。

授業では使えないかもしれませんが、今後も研究などで使っていきたいですね。

Digital Pruducer Magazine   Director Is Not Dead

Macお宝鑑定団

2006年8月28日 (月)

岳父の四十九日

日曜日は岳父の四十九日の法要に出席しました。岳父は仙台に家がありましたが、お墓は家族が集まりやすい東京に決まりました。お墓が遠いとお参りもなかなかできませんから。もうなくなってからひと月以上たちました。早いです。

PaPeRoの参加型ワークショップ開催

先週、8月26日(土)に世田谷区にある二子幼稚園でPaPeRoワークショップを開催しました。PaPeRoとはNECのロボット開発センターが開発中のパーソナルパートナーロボットです。小池研究室はNECとPaPeRoを使用した共同研究を行なっています。今回のワークショップはPaPeRoのユーザーである園児と、NECのロボット開発に携わる技術者や企画担当者がいっしょになって未来のPaPeRoをデザインしました。

ロボットの開発者は、なかなかユーザーの声を直接聞く機会がなく、このようにロボットのユーザーと直接交流することによってユーザーの要望を吸い上げる事ができますし、ユーザーは開発者に直接要望を伝える事ができます。

園児4人とNECの開発者1名、ファシリテーターである小池研究室の学生1名、幼稚園の教員1名がグループになり、そのグループを5グループつくって活動しました。主に、空き箱などを使用して園児と開発者で園児の望むようなロボットを作りました。空き箱は単なる廃物利用ではなく、開発者と園児のコミュニケーションがうまくとれる道具、「プロトタイプ」として使用しました。空き箱であれば園児も使う事ができます。

最後にプレゼンテーションを行ないました。大人の発想を超えた、いろんなロボットができました。当日は園児の父母も来ていただいたので、父母と開発者との座談会も同時に行ない、父母のロボットについての要望も聞く事ができました。詳細はまた書こうと思います。

このようなワークショップは小池研究室でははじめての経験でした。展覧会はよくやっていますが、今回は学外ででした。ワークショップの準備をこの夏休みにずっと小池研究室の学生たちが行なっていました。

私もこのワークショップは研究室の8月の重要なイベントだったので、やっと無事に終わってよかったです。
このワークショップのために、グッドデザインプレゼンテーションも行けませんでした。

今回のワークショップに参加いただいた、二子幼稚園の園児、父母の方、NECの方、幼稚園の先生方に感謝いたします。

2006年8月22日 (火)

市原研究室のブログ

ご無沙汰です。ブログも夏休みになってしまいましたが、一方で知り合いの先生が、私がブログを開設しているのに触発されて研究室ブログを開設されていました。私も更新をがんばらないと。

東京家政学院大学の市原先生(心理学)が研究室のブログを開設されたのでご紹介します。
先生は、船舶などの巨大テクノロジーの事故について心理学的な分析などもされています。注目したいと思います。


市原研究室ブログ

2006年8月 3日 (木)

会報の取材

Img_1889先週、武蔵工業大学が所属する五島育英会の会報の取材を小池研究室が受けました。そのときに撮影していただいた写真です。会報が系列校の教職員以外の方の目にふれる事はないと思いますが、発行が楽しみです。研究室や学生の活発な活動をお伝えできるといいです。


教育実習事前指導会

1日、火曜日に、後期に教育実習にいく3年生の事前指導会を大学で行ないました。3年生で後期に実習にいく学生はとても少ないのですが、模擬授業を行ない、講評をして無事おわりました。教育実習が本人たちにとっていい経験になることを祈っています。

2006年8月 1日 (火)

展覧会打ち上げ

Img_3920

Img_3921

30日、展覧会も無事おわり、中川駅前の天狗で打ち上げをしました。皆ご苦労様。展覧会に駆けつけてくれたOBも参加してくれました。小池ゼミは3年、4年、修士1年、2年、OBがそろって人並みの研究室になりつつあります。人材の厚みも大事ですね。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31