無料ブログはココログ

« 市原研究室のブログ | トップページ | 岳父の四十九日 »

2006年8月28日 (月)

PaPeRoの参加型ワークショップ開催

先週、8月26日(土)に世田谷区にある二子幼稚園でPaPeRoワークショップを開催しました。PaPeRoとはNECのロボット開発センターが開発中のパーソナルパートナーロボットです。小池研究室はNECとPaPeRoを使用した共同研究を行なっています。今回のワークショップはPaPeRoのユーザーである園児と、NECのロボット開発に携わる技術者や企画担当者がいっしょになって未来のPaPeRoをデザインしました。

ロボットの開発者は、なかなかユーザーの声を直接聞く機会がなく、このようにロボットのユーザーと直接交流することによってユーザーの要望を吸い上げる事ができますし、ユーザーは開発者に直接要望を伝える事ができます。

園児4人とNECの開発者1名、ファシリテーターである小池研究室の学生1名、幼稚園の教員1名がグループになり、そのグループを5グループつくって活動しました。主に、空き箱などを使用して園児と開発者で園児の望むようなロボットを作りました。空き箱は単なる廃物利用ではなく、開発者と園児のコミュニケーションがうまくとれる道具、「プロトタイプ」として使用しました。空き箱であれば園児も使う事ができます。

最後にプレゼンテーションを行ないました。大人の発想を超えた、いろんなロボットができました。当日は園児の父母も来ていただいたので、父母と開発者との座談会も同時に行ない、父母のロボットについての要望も聞く事ができました。詳細はまた書こうと思います。

このようなワークショップは小池研究室でははじめての経験でした。展覧会はよくやっていますが、今回は学外ででした。ワークショップの準備をこの夏休みにずっと小池研究室の学生たちが行なっていました。

私もこのワークショップは研究室の8月の重要なイベントだったので、やっと無事に終わってよかったです。
このワークショップのために、グッドデザインプレゼンテーションも行けませんでした。

今回のワークショップに参加いただいた、二子幼稚園の園児、父母の方、NECの方、幼稚園の先生方に感謝いたします。

« 市原研究室のブログ | トップページ | 岳父の四十九日 »

研究室活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/11647725

この記事へのトラックバック一覧です: PaPeRoの参加型ワークショップ開催:

« 市原研究室のブログ | トップページ | 岳父の四十九日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31