無料ブログはココログ

« 企業のロボット開発 | トップページ | 合同討議 »

2006年9月 4日 (月)

OB来研

今日、突然でしたが、OBのI 君が研究室に顔をだしました。びっくりしたのですが、それは彼がイギリスに留学していたからです。今、一時帰国しているそうです。彼は、昨年小池研究室を卒業後、グラフィックデザインを勉強するためにイギリスに渡りました。1年間語学学校に通って今月から、ロンドンの Camberwell College of Artsで勉強を始めるそうです。楽しくて仕方がないといっていました。英語の勉強も、デザインの勉強をするために学んでのですから、一生懸命勉強して、最初は最下位クラスだったのが、語学学校を卒業するときにはトップから2番目のクラスまで上がったそうです。やはり、学びには目的や動機が大切です。

Camberwell College of Artsは一年目はfoundation(基礎課程)があって、いろいろなデザインを勉強してその後、各専門分野に進学するそうです。各専門分野に進学するときもハードルがあるそうです。

ロンドンには入場無料のミュージアムがたくさんあり、街がアートで溢れているそうです。街が、アートに理解があることによって、アーチストが活躍する場もたくさんあり、卒業後もイギリスに残ってデザインの仕事をしたいそうです。

そういう環境は日本はまだまだだと思います。
今、彼は、人脈を広げようと、アーチストたちとコミュニケーションしているそうです。


ひさしぶりにI 君にあって、彼も精神的に成長し、がんばっているなと思いました。
ひとつのことに集中して、やりたいことに邁進しているという感じです。
いいですね。

小池研究室の卒業生も、少しずつデザインに関連する仕事についたり、進学する人が増えています。

私も留学したくなりましたね。

Camberwell College of Arts

« 企業のロボット開発 | トップページ | 合同討議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/11764431

この記事へのトラックバック一覧です: OB来研:

« 企業のロボット開発 | トップページ | 合同討議 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31