無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

来年度ゼミ希望者

最近、来年度の小池ゼミを志望する2年生が研究室を訪ねてくることが多くなりました。2年生も水面下でいろいろ動いているようです。いろんな研究室をまわって先生方の話をお聞きして、ゼミに配属されてから違っていたというような、ミスマッチがないようにしたほうがいいと思います。

デザインという言葉に惹かれて小池研究室を志望してくれるのはありがたいですが、デザインという言葉の「かっこいい」、「気持ちいい」というイメージから志望する人も多いです。しかし、デザインを見るのと作るのでは大違いです。デザインを行うことの厳しい現実を認識して志望して欲しいです。そのためには、私もできるだけ志望者と会ってお話ししたいですね。

国立駅舎 閉鎖

Img_4908
国立駅舎はすでに閉鎖され、横に新設された仮駅舎が利用されています。今年中には解体される予定です。

スケジューリングのためのデザイン

Img_4953

Img_4927小池研究室3年生の後期の課題です。自分のスケジューリング活動を調査して、その活動にふさわしいスケジューラーをデザインする課題です。スケジューラーはソフトウエェアで実現します。現在は、自分の活動を3週間にわたって調査し、プレゼンをしています。先週のゼミの日はプレゼンを行い、午後10時をまわってしまいました。13人にプレゼンさせて、コメントしていくとどうしても時間がかかってしまいます。スケジューリングの課題は、大学院生の修士論文データとしても有効なので、大学院生が授業を手伝ってくれています。

いままでも何度か同じ課題を行っていますが、これまでは、最終作品は、パソコン上での「紙芝居」、つまりどのように動くかを画面上のアニメーションで表現していました。今年から実際にソフトウェアとしてプログラムすることにしました。プログラムの勉強もゼミの日に行っています。スケジューラをデザインして、さらにプログラムしてソフトウェアにすることに今年の3年生は挑戦しています。

多摩美授業 動きとインタラクション

Img_4912毎年後期に行っている多摩美術大学情報デザイン学科1年生の「動きとインタラクション」の授業です。動物の動きを観察して、CGなどに表現する授業です。その授業の一部として、レゴマインドストームで動物の動きの一部を作ることを行っています。狙いは、グループのメンバーと話し合いながら部品を交換しながら動きを作れること。そして、レゴで動きを作って実物の動物の動きと比較して、本物の動物の動きを知ることです。

今まではレゴで動物を作るというと、率先して頑張る学生が沢山いたのですが、年々減っています。レゴマインドストームについているモータや歯車を組み合わせて動きを作るのですが、学生達は小さいときにモータや歯車で工作したこともないそうで、「ミニ四駆」のようなできあいのおもちゃで育ったといっています。

幼少時のものづくりの体験が年々乏しくなっていくのは忌忌しい(ゆゆしい)ですが、逆に今、大学がものづくりの体験の場になっていると思います。

写真は、フラミンゴの片足の動きの表現です。自走する動物のロボットを作るのは難しいし、動物の動きをできるだけまねるという主旨にもあわなくなるので、いろいろんな方法で動物のうごきの一部をシミュレートすることを目指しています。

2006年10月27日 (金)

FUKURO-KINGYO

FUKURO-KINGYOという写真のサイトを御紹介します。
金魚をビニール袋にいれて撮影しています。
仕組みはシンプルですが、
写真は幻想的とてもきれいです。
Tシャツも売っているようです。
ゼミ生からの紹介でした。

FUKURO-KINGYO

2006年10月23日 (月)

自動車技術協会 来研

先週、社団法人自動車技術協会の方たちが研究室にいらして、自動車の情報デザインについてお話しました。

自動車のデザインは、自動車の外部(エクステリア)、内部(インテリア)、色彩(カラー)の3種類のカテゴリーに大きく分けられていて、情報デザインや操作系のインタフェースデザインというカテゴリーは家電や、情報機器のメーカーのようにはまだないそうです。

そういう意味ではこれから発展の余地がありますね。自動車の情報デザインも興味深いです。

社団法人自動車技術協会

2006年10月22日 (日)

環境情報学部開設10周年記念行事

Img_4933_121日は、学内で武蔵工業大学環境情報学部の10周年記念行事が開催されました。
もう10年たつのですね。私は5年目から着任しました。
5年目から情報メディア学科も誕生し、在籍学生もほぼ2倍になりました。

今日は、海外の来賓を招いて環境関連のシンポジウムが開かれました。
その後パーティがありましたが、
いつも研究活動でお世話になっている系列の幼稚園や高校の学校長の方達も
出席されていました。
ありががとうございました。

2006年10月15日 (日)

さよなら国立駅舎

Img_4812

Img_4814

原稿を書いている間に国立駅の駅舎が閉鎖されました。先週の8日です。閉鎖前日は本当に多くの人々が、国立駅を惜しむように記念写真を撮っていました。駅のロータリーにある円形公園にも多くの人がいて駅舎の写真を撮っていました。

市民の関心はとても高いです。今年中に国立駅は解体されて、部材が保管されますが、おなじ場所に再建されるかはまったく未定です。「国立駅とは一時のお別れ」といわれていましたが、本当に永遠のお別れになるかもしれないという不安を持ちながら、市民は、写真を撮っていたのではないかと思います。今後の駅舎の行く末について見守っていきたいと思います。

一段落つきました

ご無沙汰です。

先月からロボットの共著の本の原稿と、某インタフェース系学会誌の原稿と、某海外学会のサブミッションを立て続けに書いて今日、終えました。3つ書き終えて少し楽になりました。

このブログも更新していきます。

2006年10月 5日 (木)

デザインインターンシップ御礼2006夏

この夏休みも小池研究室の学生が企業のデザイン関係のインターンシップに大変お世話になりました。
今夏は

パイオニアデザイン株式会社
株式会社 日立製作所
日野自動車株式会社
(50音順)

のデザイン部門において、1週間から1ヶ月近い期間、デザインの現場でいろいろなことを学ばせていただきました。ありがとうございます。
今後も小池研究室としては、ゼミ生に対してこのようなデザインインターンシップのチャンスを作っていきたいと思います。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31