無料ブログはココログ

« 解体進む国立駅舎 | トップページ | 「ポスト状況論:学習環境と情報デザインへのアプローチ」ワーク ショップのご案内 »

2006年11月13日 (月)

最後の一粒までおいしいまるごとコーンスープ

Img_5008
寒くなりましたね。夜、遅くに駅で電車を待っている時にいつもお世話になっているのが缶のコーンスープ。中にコーンの粒がはいっているのですが、今までの缶はプルトップ型なので、どうしても粒が缶の中に残ってしまい。取り出すこともできないので、悔しい思いをしていました。缶の説明書きには「缶を回転させながら飲むといい」と書かれていますがうまくいきません。

それで最近見つけたのがDyDoの「最後の一粒までおいしいまるごとコーンスープ」です。蓋が完全に開栓できるので、コーンの粒が最後の一粒まで食べられます。あるようでなかったコーンスープに相応しい缶です。

ニュースリリース

« 解体進む国立駅舎 | トップページ | 「ポスト状況論:学習環境と情報デザインへのアプローチ」ワーク ショップのご案内 »

プロダクト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/12672352

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の一粒までおいしいまるごとコーンスープ:

« 解体進む国立駅舎 | トップページ | 「ポスト状況論:学習環境と情報デザインへのアプローチ」ワーク ショップのご案内 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31