無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

小池研究室修士・学士論文発表 学部生後期展

Sotsuten2007_1

詳細は後日、報告していきます。
是非見にきて下さい。
展覧会Webはどんどん作り変えていきます。

日時:
2月23日(金)11時〜17時
2月24日(土)10時〜17時
2月25日(日)10時〜17時

場所:
武蔵工業大学環境情報学部
食堂2Fカフェ

展覧会Web

2007年1月27日 (土)

つくし文具店

今日、国分寺にある「つくし文具店」にいきました。ここは、普通の文具店でははなく、デザインディレクターの萩原修さんがはじめた「ネットワーク型文具店」(私が勝手につけました)です。萩原さんは、大日本印刷やリビングデザインセンターOZONEのディレクターなどを経て独立して、商品、店舗、書籍、展覧会、コンペなどの企画、プロデュースをされています。仕事がら多くのデザイナーのネットワークを持ち、ポジティブに活動されています。

萩原さんは、実は私の桐朋学園小学校時代の同窓生です。桐朋の卒業生にはデザイナーや、建築家になった人も多く、仕事で知り合った人が桐朋出身だったということも多いそうです。

つくし文具店はもともとご実家が文具店をされていたので、その後を継ぐ形でスタートしていますが、つくし文具店をセンターとして、地域のデザイナーとネットワークして地域貢献したいという気持ちによって実現したのです。

今日も、多くのデザイン関係者がお店に見えていて、お茶や、お菓子をいただきながら、お話ししました。
はやくも私もネットワークされました。(笑)

つくし文具店は国立駅から少し離れていて、まったくの住宅街にあり、スペースもとても小さいですが、遠くは九州からなど、全国から人がつくし文具店めがけてくるそうです。

ドリルデザインがデザインしたオリジナルの鉛筆や、ノートも売っています。
アーチストの作品も販売していて、その作品のアーチストが店番をしている日もあります。

彼と話していて、彼も基本はコミュニケーションデザインを指向していて、コミュニケーションのデザインを実現するのに、デザインのジャンルをわける必要もなく、プロダクトでもグラフィックでも、建築でもなんでもいいといっています。
彼は実際にデザイナーや建築家とコラボレーションしながらディレクターやプロデューサーとしてデザインしているのです。

この考えは私の考えと同じです。

文具店や、デザインで地域貢献したいという萩原さんの試みはおもしろいですね。がんばってます。


つくし文具店

ドリルデザイン

2007年1月23日 (火)

テクニカルショーヨコハマ2007

期日 1月31日(水)〜2月2日(金)
場所 パシフィコ横浜 展示ホール

(財)横浜産業振興公社が主宰する神奈川県最大の工業技術・製品総合見本市である、テクニカルショーヨコハマ2007の「よこはま産学連携コーナー」に小池研究室が出展します。小池ゼミの成果物を展示します。

他に多くの大学の研究室が出展します。産学共同研究や委託研究のための、大学と企業の出会いの場ですね。

私は開場で開催される「産学連携ワークショップ」で以下のような講演をします。見にきてください。

期日     2月2日(金)
時間     午後2時〜2時50分
場所     セミナー会場D
テーマ    ユーザー中心の情報デザインの手法と事例について


テクニカルショーヨコハマ2007

2007年1月22日 (月)

自動車技術協会シンポジウム 「デザインから人と技術の未来を考える」

自動車技術協会のシンポジウム「デザインから人と技術の未来を考える」でパネリストをします。
「情報化社会における人と物の関わりの変化」というテーマで講演も行います。

昨年、自動車技術協会の委員の方々が、私にシンポジウム参加の依頼に研究室にお見えになったときに、「私、車の免許を持っていませんが大丈夫ですか....?」と申し上げましたが、「そんなこと関係ありません!!」といわれましたので、安心してお話させていただきます。

開催日:1月26日
主 催:社団法人 自動車技術会
企 画:デザイン部門委員会
会 場:工学院大学 3F
URBAN TECH HALL

社団法人 自動車技術会
プログラム

2007年1月14日 (日)

情報の積み木展

専修大学の上平先生からの情報です。昨年見に行けなかったので、今回は見にいきます。

第2回「情報の積み木」展
2007年1月15日15:00~18:00
専修大学生田キャンパス9号館4F情報科学センター前広場

第2回「情報の積み木」展

2007年1月13日 (土)

多摩美術大学後期展を見る

今日、多摩美術大学の後期展覧会を見に八王子校舎にいきました。担当していた情報デザイン学科の1年生の「動きとインタラクション」という、動物を動物園で観察してCGにする課題の展示会場にいきました。通路の床に動物の足跡のシールがたくさん貼ってあって、それをたどっていくと、会場につきました。やりますね。会場では学生の作った動物のCGがスクリーンに投影され、黒い紙を貼ったテーブルの上にレゴの動物の運動モデルが展示されていました。

年末に授業が終わったあと、学生たちは、作品の展示準備をしていたのです。課題は、課題そのものだけでなく、課題を展示する努力をすることではじめて完成するのです。みんなよくがんばりました。よかったです。教えていた学生たちにも久しぶりにあって、楽しいひとときでした。ものを作っているコミュニティはいいですね。

牛丼と再会

吉野家がランチタイムに牛丼をだしていたので、狂牛病騒動があって発売が中止になってからはじめて食べました。久しぶりに食べたらおいしかったです。味わいながらいただきました。値段は380円。騒動前のように、安値競争に走るのではなく、この値段でじっくりいいものを出したらいいと思いました。

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

今年も小池研究室と小池研究室のゼミ生をよろしくお願いします。
今年も、無理をしないで、急がずしっかりやっていきたいと思います。

なかなか更新できなくて、すみません。

私の周囲のリアルワールドでは、すごいことがたくさん起きているのに、非常に忙しいのと、なかなかすぐに公開できないこともあり、このブログでご報告できていません。

一応、小池研究室の公式ブログですので、私ごときの身辺雑記だけではなく、小池研究室の活動と、情報デザインについての良質の情報を発信できるように心がけます。

最近、企業のデザイナーの方と話す機会が増えました。お話する相手の方々は、なんと情報デザインについて私と同じ考えをもっていらっしゃる方々です。数年前からすると想像もできないことなのですが、企業の中にも私と志を同じく持っていらしゃる方たちがいることを嬉しく思います。今年もそのような方たちといろいろコラボレーションさせてただきたいです。

また、今年は小池研究室の「海外進出」に努力したいと思います。それがどのような形になるのかわかりませんが、海外にいる私と同じ考えの方たちともコミュニケーションしていきたいです。(お正月の決意なので話半分でみてください。)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31