無料ブログはココログ

« テクニカルショーヨコハマ2007 | トップページ | 小池研究室修士・学士論文発表 学部生後期展 »

2007年1月27日 (土)

つくし文具店

今日、国分寺にある「つくし文具店」にいきました。ここは、普通の文具店でははなく、デザインディレクターの萩原修さんがはじめた「ネットワーク型文具店」(私が勝手につけました)です。萩原さんは、大日本印刷やリビングデザインセンターOZONEのディレクターなどを経て独立して、商品、店舗、書籍、展覧会、コンペなどの企画、プロデュースをされています。仕事がら多くのデザイナーのネットワークを持ち、ポジティブに活動されています。

萩原さんは、実は私の桐朋学園小学校時代の同窓生です。桐朋の卒業生にはデザイナーや、建築家になった人も多く、仕事で知り合った人が桐朋出身だったということも多いそうです。

つくし文具店はもともとご実家が文具店をされていたので、その後を継ぐ形でスタートしていますが、つくし文具店をセンターとして、地域のデザイナーとネットワークして地域貢献したいという気持ちによって実現したのです。

今日も、多くのデザイン関係者がお店に見えていて、お茶や、お菓子をいただきながら、お話ししました。
はやくも私もネットワークされました。(笑)

つくし文具店は国立駅から少し離れていて、まったくの住宅街にあり、スペースもとても小さいですが、遠くは九州からなど、全国から人がつくし文具店めがけてくるそうです。

ドリルデザインがデザインしたオリジナルの鉛筆や、ノートも売っています。
アーチストの作品も販売していて、その作品のアーチストが店番をしている日もあります。

彼と話していて、彼も基本はコミュニケーションデザインを指向していて、コミュニケーションのデザインを実現するのに、デザインのジャンルをわける必要もなく、プロダクトでもグラフィックでも、建築でもなんでもいいといっています。
彼は実際にデザイナーや建築家とコラボレーションしながらディレクターやプロデューサーとしてデザインしているのです。

この考えは私の考えと同じです。

文具店や、デザインで地域貢献したいという萩原さんの試みはおもしろいですね。がんばってます。


つくし文具店

ドリルデザイン

« テクニカルショーヨコハマ2007 | トップページ | 小池研究室修士・学士論文発表 学部生後期展 »

国立の街」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/13681336

この記事へのトラックバック一覧です: つくし文具店:

« テクニカルショーヨコハマ2007 | トップページ | 小池研究室修士・学士論文発表 学部生後期展 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31