無料ブログはココログ

« C4でスクイークの発表 | トップページ | 夢をかなえる生徒手帳 »

2007年2月10日 (土)

スクイークが動く100ドルラップトップ

Img_0632C4の研究会で、米国Viewpoints Research Instituteの 山宮隆氏によるOLPC(One Laptop per Child)についての発表があり、実機を見ることができました。おそらく日本に数台しかないものと思われます。これはMITが推進している発展途上国の子供向けのノートPCで、100ドルで作ることを目標に開発が進められているものです。このOLPCにスクイークが搭載予定なのです。

思ったより小さく、角のような物は無線LANのアンテナで、OLPC同士でメッシュ型のネットワークを構築できます。液晶画面は180度反転してブック型にもなります。オリジナルのワープロ、メーラー、ゲッコーベースのブラウザや、カメラも備えています。液晶は、低電力でも動き、屋外でも視認性を高めた新開発のものです。

以前のOLPCのモックアップには、発電用に手回しするためのクランクがついていましたが、発表では、手回しして発電しながらOLPCを使用することは現実的ではないことがわかり、別の方法で発電を検討しているとのことです。OSはLinuxベースでCPUは500MHz、RAMは128MBRAM、ストレージは、500MBのフラッシュメモリを持っているようです。一般販売はされず、各国の政府が一括購入することを目指しているそうです。

まだまだ100ドルで生産するにはたくさんのハードルがあるようですが、試みはいいですね。ハードの生産の問題は解決できるかもしれませんが、このOLPC を使ってどのような教育をするかが大切だと思いました。

 MYCOMジャーナル OLPCの"$100ノートPC"、量産開始まであと1歩

 OLPC

« C4でスクイークの発表 | トップページ | 夢をかなえる生徒手帳 »

情報教育」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/13860620

この記事へのトラックバック一覧です: スクイークが動く100ドルラップトップ:

« C4でスクイークの発表 | トップページ | 夢をかなえる生徒手帳 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31