無料ブログはココログ

« 帰国しました | トップページ | タッチパネルディスプレイ »

2007年4月18日 (水)

安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘

Img_0976
東京ミッドタウンの21_21で開催。見てきました。今日の夜9時(入場は8時30分まで)までです。
21_21を設計した安藤忠雄の建築展覧会。21_21や、他の建築プロジェクトの「デザインプロセス」を展示するという「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」というユニークな展示です。

会場には膨大な建築モデルや、図面や建設途中の建築の写真などが展示してあります。モデルはほとんどがデザインプロセスの中で、検討用に作られたスチレンボードなどで簡易に作られた物で、安藤氏のもの思われる手書きのコメントがモデルに描かれています。図面も同様です。スタッフや、建設会社、建設現場の職人たちと、モデルや図面を使って何度も議論を積み重ね、 アイデアを出し合って建築を作り上げていることがわかります。モデルや図面が建築を作り上げていくコミュニケーションのための道具であることがよくわかります。

21_21は1枚の布をイメージした屋根なので、1枚の鉄の屋根のような構造になっているのですが、その屋根は熱膨張のために収縮するそうで、それを吸収するためのシステムを新規に開発したそうです。また、建設現場において、現場の職人さんたちからの提案で、ベストな解決方法が見つかったりするそうです。建設現場のやる気も複雑な安藤建築を支えていることがわかります。

安藤建築で有名な「コンクリート打ちはなし」と呼ばれるコンクリートをむき出しで使用する手法ための、鉄筋や型枠の実物展示もあってユニークでした。有名建築家の作品であっても、その作品は、関係する人々とのコラボレーションの結果であることを示すような展示でした。

21_21 DESIGN SIGHT

« 帰国しました | トップページ | タッチパネルディスプレイ »

デザイン関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/14753941

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘:

« 帰国しました | トップページ | タッチパネルディスプレイ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31