無料ブログはココログ

« 日本デザイン学会で発表 | トップページ | 専修大学上平研究室訪問 »

2007年7月 8日 (日)

Squeakを使用した教材デザインの授業

Img_1163

Img_1166
教職課程の授業でSqueakを使用した教材デザインの授業を行っています。この授業の前半はレゴマインドストームを使用したロボットデザインを通した教育環境のデザインの授業でした。

後半は、Squeakを使用を使用して高校の情報教育で使用する教材を学生がグループになってデザインをしています。今年は昨年、小池ゼミが開発したSqueakを学習する教科書があるのでそれを使用してSqueakの基礎は学びました。しかし、教材デザインとなると高度な知識も必要になるので、授業のサポーターとしてヱンガワのプログラマーである横川さんに授業に来ていただきました。

お願いしたのは「Squeakのリアルタイムプログラミング」です。学生は、作りたいものはわかっていますが、それをSqueakでどのようにプログラムするのかはわかりません。そこで学生は横川さんに自分の作りたい教材のイメージスケッチをお見せして、そこから横川さんに、その場で教材の核になる部分のSqueakのプログラムや、Etoyを作っていただくのです。いわば「即興プログラミング」 。私もご無理なことを横川さんにお願いしてしまいました。

学生はどんな要望を横川さんに出してくるかわかりません。しかし、横川さんには、すべてのグループの学生の要望に対して有効なアドバイスをして、プログラムをその場で書いていただきました。逆に「このようにしたらもっとうまくいく」というような、学生の教材のデザインについてもアドバイスをいただきました。SqueakやEtoyの手軽さも一役買いました。もし、同じことを他の言語でしようとすると、とても多くの時間と知識が必要になります。

横川さんはご都合があって、授業の最期まで参加できませんでしたが、教室内でデザイナー(学生)とプログラマー(横川さん)のとてもいいコラボレーションができたと思います。これも横川さんがデザイナーとのコラボレーションに関心をもつような柔軟な発想のプログラマーだからだと思います。

私もSqueakのプログラミングの勉強になりました。ありがとうございました。

ヱンガワ(横川さんのポータルサイト)
ヱンガワ生活(横川さんのブログ)
スクイークランド

« 日本デザイン学会で発表 | トップページ | 専修大学上平研究室訪問 »

教職課程」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/15685783

この記事へのトラックバック一覧です: Squeakを使用した教材デザインの授業:

» 武蔵工業大学でSqueakのサポート [YengawaLife]
武蔵工業大学の小池星多先生のSqueakを使った授業で技術的なサポートをしてきた。 教職課程2年生の授業で高校の情報教育の説明資料を作るという課題。これをSqueak/Etoysで実現するための技術サポートを2回行った。 生徒からアイデアを聞いて、その場でプログラミングして見せるというアクロバット。でも、Squeak/Etoysなので楽にできた。これがJavaやRubyではそうは行かないであろうことよ? Read more... [続きを読む]

« 日本デザイン学会で発表 | トップページ | 専修大学上平研究室訪問 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31