無料ブログはココログ

« デザイナー中心デザイン? | トップページ | ISCAR第1回国際アジア大会プログラム »

2007年9月 2日 (日)

第2回 “金の卵” 学校選抜 オールスター デザイン ショーケース

Axis六本木のアクシスギャラリーに見に行ってきました。デザイン系の大学別の学生作品の展覧会です。「カタチを超えたデザイン──[もの]と[こと]の共生」というテーマで作られた作品です。会場は、2部屋あって、1部屋は主にプロダクト系作品、もうひと部屋は情報デザイン系です。情報デザイン系の展示は今年からです。会場には、各大学の学生の「ポートフォリオ(作品集)もおいてあります。展示していない学生のもあり、150冊近くはあります。通常、他大学の学生の作品集を見る機会はほとんどないので、これを見るだけでもデザインを志す学生にとってはとてもいい勉強になると思います。是非見にいってください。

展示や作品集を見て思ったことは、展示作品や作品集に、各大学のカリキュラムなどの教育内容が色濃くでていたことです。各大学のカリキュラムの中で学生は作品を作っているのですから。カリキュラムの特徴が大学の特徴にもなります。情報デザイン系は、道具、人間、環境の全体からデザインしようとする姿勢が感じられました。しかし取り組んでいる学校は少ないです。情報デザイン系は、公立はこだて未来大学、多摩美術大学、筑波大学でした。筑波大学にも情報デザインの領域があります。

この展覧会は、主催したアクシスさんが各大学に呼びかけて実現したものですが、小池研究室は参加できませんした(泣)。来年は是非参加させていただきたいです!

期間:2007年8月30日(木)〜9月9日(日)
時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
入場料/無料
第2回 “金の卵” 学校選抜 オールスター デザイン ショーケース

« デザイナー中心デザイン? | トップページ | ISCAR第1回国際アジア大会プログラム »

デザイン関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/16324279

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 “金の卵” 学校選抜 オールスター デザイン ショーケース:

« デザイナー中心デザイン? | トップページ | ISCAR第1回国際アジア大会プログラム »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31