無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

iPhoneを入手しました

Dsc00330iPhoneを入手しました。学生たちとさわってiPhoneのインタフェースの勉強をしています。やはり、ビデオなどで見るのと触ってみるのでは大違いです。学生たちにも最先端のインタフェースデザインに触れて刺激を受けてもらいたいです。

ファーストインプレッションは、電池がなくなるのが意外に早いこと。電源をオフにしなければ、毎日充電が必要です。iPhoneにはiPod touchと比べてカメラや、グーグルマップやメールがありますが、日本語が使えません。iPod touchが日本語が使えるのはいいですが、スケジュールも閲覧のみです。

iPhoneは、電話というよりは小型のコンピュータとして作られています。iPhoneは、小型のコンピュータを持ち歩くという新しいユーザーの活動を生み出すことでしょう。

第二回「情報デザイン教育プロジェクト•研究会」

Dsc00319
今日、世田谷区上野毛にある多摩美術大学で日本デザイン学会の情報デザイン部会の第二回「情報デザイン教育プロジェクト•研究会」 が開催されました。情報デザイン教育についての情報交換を目的に、今回は私が武蔵工業大学の小池情報デザイン研究室の教育内容を、専修大学ネットワーク情報学部の上平先生がご自身の大学での情報デザイン教育について発表しました。大雨のなか、ギャラリーの方に来場していただきました。遠くは広島から日帰りでいらした大学の先生もいました。

私は、研究室で行っている実践について話しました。上平先生は、100人近いデザイン学科ではない学生に情報デザインを教えている実践を報告しました。両者とも、デザイン系ではない学生にデザインを教えています。私もプロも育てようとしていますが、一方で普通の学生に情報デザイン教育もしています。

会場のディスカッションでは、情報デザイン教育は本来、デザイン学科の学生だけではなく一般の人にも必要なことであり、私たちの情報デザイン教育は、一般の人への情報デザイン教育の可能性を切り開くものとして重要な実践であるというコメントがでました。

次回の情報デザイン教育プロジェクト•研究会は年末までに行われる予定です。今回の研究会のコーディネータを努められた多摩美術大学の植村先生に感謝いたします。

2007年9月 6日 (木)

ISCAR第1回国際アジア大会プログラム

今日から武蔵工業大学で開催されます。
ISCAR-Japan

2007年9月 2日 (日)

第2回 “金の卵” 学校選抜 オールスター デザイン ショーケース

Axis六本木のアクシスギャラリーに見に行ってきました。デザイン系の大学別の学生作品の展覧会です。「カタチを超えたデザイン──[もの]と[こと]の共生」というテーマで作られた作品です。会場は、2部屋あって、1部屋は主にプロダクト系作品、もうひと部屋は情報デザイン系です。情報デザイン系の展示は今年からです。会場には、各大学の学生の「ポートフォリオ(作品集)もおいてあります。展示していない学生のもあり、150冊近くはあります。通常、他大学の学生の作品集を見る機会はほとんどないので、これを見るだけでもデザインを志す学生にとってはとてもいい勉強になると思います。是非見にいってください。

展示や作品集を見て思ったことは、展示作品や作品集に、各大学のカリキュラムなどの教育内容が色濃くでていたことです。各大学のカリキュラムの中で学生は作品を作っているのですから。カリキュラムの特徴が大学の特徴にもなります。情報デザイン系は、道具、人間、環境の全体からデザインしようとする姿勢が感じられました。しかし取り組んでいる学校は少ないです。情報デザイン系は、公立はこだて未来大学、多摩美術大学、筑波大学でした。筑波大学にも情報デザインの領域があります。

この展覧会は、主催したアクシスさんが各大学に呼びかけて実現したものですが、小池研究室は参加できませんした(泣)。来年は是非参加させていただきたいです!

期間:2007年8月30日(木)〜9月9日(日)
時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
入場料/無料
第2回 “金の卵” 学校選抜 オールスター デザイン ショーケース

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31