無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

エリーカ Eliica 見学

Dsc01083

Dsc01071

Dsc01066

 少し遡りますが、11月7日に、慶應大学が開発した8輪車の電気自動車である「エリーカ Eliica 」をゼミ生たちと見学に行きました。エリーカは、慶應大学の新川崎タウンキャンパスにあります。

 エリーカは、慶應大学の清水研究室が開発したもので、Electric Li-ion Battery Carの略です。
テストコースで時速370Kmの高速を出すことができます。

 当日、エリーカを案内していただいたのは、エリーカのデザイナーで慶應大学准教授の江本聞夫氏です。江本氏は鈴木自動車のカーデザイナーを経て、イタリアのイデアというデザイン会社に在籍し、今は慶応大学で電気自動車のデザインなどをされています。

 私も実際にキャンパス内のコースでエリーカに試乗させていただきました。発進や減速が通常のガソリンカーに比べてスムーズで短時間に行われます。まったく別の車です。
キャンパスにはエリーカの整備をしている工場のような設備があり、そこに、試乗用と、テストコース用の2台のエリーカがありました。

学生たちも全員試乗させていただき、感動していました。

 その後、教室で江本氏からエリーカの講義を受けました。エリーカは清水研究室が開発した電気自動車の8台目の車で、8つのタイヤに直接モーターがついています。また、電源のリチウムイオン電池などがすべて床下に収納されるので、人が乗る上部はフラットになり、いかようなレイアウトも可能ということです。でも実際は人を多く載せたり、安全の問題もあるので通常の乗用車のようなインテリアに落ち着いたようです。

エリーカは2005年のモーターショーで話題になり、小泉前首相も試乗しました。当時は私たちが乗せていただけるような状態ではなかったと思いますが、今は少し落ち着いてじっくり見せていただくことができました。

 今は、電気自動車の開発もいろいろな方面で行われるようになり。技術的には確立されつつあります。今後電気自動車は、コストダウンや社会要請によって普及するでしょう。

 コミュニティバスなどはこの電気自動車が最適と思います。

 エリーカのプロジェクト後、清水研究室は次の電気自動車のプロジェクトを進めているそうです。来年にはそのプロトタイプを見ることができるでしょう。楽しみです。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

ご注意:今回のエリーカ試乗は慶應大学の特別のご好意によるもので、今回のような試乗は日常的には行われておりません。試乗に関する清水研究室へのお問い合わせはご遠慮願います。

エリーカ公式サイト

エリーカブログ

慶應大学新川崎タウンキャンパス未来自動車プロジェクト

日野自動車ポンチョ見学

Dsc01509

Dsc01453

Dsc01504 11月21日に東京都日野市にある、日野自動車株式会社の本社にあるデザインセンターにゼミの3、4年生と行きました。目的は小池研究室が行っているコミュニティバスのデザイン研究の一環で、日野自動車が開発しているコミュニティバス「ポンチョ」の実物見学とポンチョのデザイン開発プロセスについてのお話をうかがうことでした。

 ポンチョは、コミュニティバスのためにサイズや内装など、新規に開発されました。多くの地域でコミュニティバスとして採用されています。

 社内ではポンチョに乗ることができました。ポンチョは実物は街を走っていますが、じっくり眺めたり、写真を撮ったり、触ったりすることはできません。じっくり見ることができました。ポンチョのデザイナーのお話も直接聞くことができ、ポンチョに対する思い入れも伝わりました。

 バスの開発は通常一年間はかかるそうですが、ポンチョは半年です。開発を急いだのは2004年のモーターショーでポンチョのプロトタイプを展示したときに多くの人々や自治体関係者から大きな反響があったからです。ユーザーの要望に押されるように急ピッチで開発が行われたそうです。ポンチョのデザインは、ユーザーや、自治体の求めるニーズにあっていたのです。例えば、ポンチョは、タイヤを車体の両端に可能なかぎり追いやることで、フラットで低い床をできるだけ広く確保して、車いすなどが入りやすいようにしています。

 また、バスの購入者は本来利用者ではなく自治体やバス事業者ですが、ポンチョは一般のユーザーが乗用車を買う時と同じようなイメージでデザインを行い、さらに一般のユーザーを意識したパンフレットなどを制作して、バスのユーザーに「自分たちのバス」と感じてもらうようなことをしています。

バスの本当のユーザーは一般の人々ですから、バスは一般の人からも支持を得られなければならないはずですね。

 貴重な機会をいただき、学生たちにもよい経験でした。ありがとうございました。

ポンチョ公式サイト

2007年11月25日 (日)

テンプレート変更しました

テンプレート変えてみました。気分も変わりました。ここ5日間は大学も学園祭や祭日で授業はお休みです。来週からまた忙しい毎日が始まります。

2007年11月20日 (火)

卒業展覧会Web更新

左段の卒業展覧会Webが更新されました。見てください。

最近忙しくて更新できなくてすみません。いろいろやっているのですが、ここでご報告する余裕がありません。

しかし、学生達とおもしろいことをやっていますのですこしずつ書いていこうと思います。

2007年11月 2日 (金)

卒業展覧会Web開設

卒業展覧会のWebが開設されました。

今年の卒業展覧会の費用の大部分は大学へ企画書を書いて、予算を申請しているのですが、その予算も先月認められて執行されることになりました。学生たちが作ってくれた綿密な企画書が効を奏したようです。展示の作業は着々と進んでいますが、あとは、肝心な展示の中身の研究をしっかりしなければなりませんね。

卒業展覧会Web

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31