無料ブログはココログ

« 第1回 Squeakデザインワークショップのお知らせ | トップページ | 第2回情報デザインフォーラム »

2008年11月11日 (火)

Make:Tokyo Meeting O2に参加しました

11月8日 多摩美術大学情報デザイン学科を会場に開催されたMake:Tokyo Meeting O2に参加してきました。Squeakコミュニティの横川さんや、阿部さんのお手伝いで、Squeak+Gainerというブースに参加しました。

Make:Tokyo Meeting O2はオライリージャパンの主催で、いわば「電子工作のお祭り」です。雑誌の「Make」のような手作りの電子工作をいろいろな方たちが、おもいおもいに出品していました。お隣のブースではiPodTouchで鉄道模型やラジコンの車をコントロールするデモをしていました。iPodTouchを加速度センサーで傾けると車が前進後退したり、左右に旋回するのです。レーザー光線で動かして絵を焼き付けて描く装置や、ボールを転がして2進数の計算をする装置など、たくさん展示してありました。

Squeak+GainerはSqueakからGainerをコントロールするデモを行い、写真は、Squeak+Gainerから人の腕につけた低周波治療器をコントロールして手にもった「ネギ」を降るというパフォーマンスを行いました。このネギの意味が会場でやっとわかりました。(笑)

この手作り電子工作のコミュニティは旺盛なパワーをもっています。皆、このような技術は学校で教わったものではなく、自力でネットなどで調べたり、ネットで聞いたりして開発したようです。学習環境としても面白いですね。

「とりあえず動けばいい」という感覚で、動くものを自己流で、効率が悪くても作ってしまうのがすごいです。ここから新しいイノベーションが生まれると思います。

Gainerの作者の小林さんともお話しました。いま、武蔵工業大学では、10人近い学生と「Gainer研」なるグループを作って、Gainerでいろいろな作品を作っています。来年早々に学内で展覧会を行う予定です。
武蔵工業大学にも電子工作のカルチャーを作りたいです。次回のMake:Tokyo Meeting O3には小池研として参加したいです。

Make:Tokyo Meeting O2


Img_4742_2

Img_4785_37

Img_4752_2

« 第1回 Squeakデザインワークショップのお知らせ | トップページ | 第2回情報デザインフォーラム »

デザイン関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/43076658

この記事へのトラックバック一覧です: Make:Tokyo Meeting O2に参加しました:

« 第1回 Squeakデザインワークショップのお知らせ | トップページ | 第2回情報デザインフォーラム »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31