無料ブログはココログ

« つづきチルコロMAP | トップページ | 平成20年度卒業展覧会「TAKE OFF」 »

2009年2月20日 (金)

Apple Store Ginza College Nightでプレゼンテーション(続報)

2月24日のApple Store Ginza College Nightでプレゼンテーションの続報です。
今回6チームが参加します。
各チームのデザインしたデジカメの名前と内容です。

●タイトル:WizU
ユーザが撮る写真と半自動化で撮られる写真により、ユーザの思い出を完璧に作る、ということをコンセプトに考えたカメラです。360°動くレンズと親しみやすい丸いフォルム、首から掛けられるようになっており、肌身離さず一緒に行動して貰えることを願ってこの名前を付けました。

●タイトル:Transeformer
主にスポーツ等の試合観戦を目的にした、手動式で起動する双眼鏡型カメラです。
特徴的な機能として、人物登録、障害物停止機能があります。
全体として、安定性と速攻性を重視したデザインになっています。

●タイトル:ペットりくん
普段、自分しか見ることのできない可愛いペットの表情を他人にも見せたい,という飼い主の気持ちを考え、飼い主が『ペットとのふれあいを撮ることができる』というコンセプトでデザインしました。

●タイトル:Love Situation
Love Situationは、撮影した時の感情ごと相手に伝えるためのカメラです。目に見ることが出来ないその時の感情を“色”という視覚情報を通して自分に、他人に伝えることが出来ます。

●タイトル:Food Shot
このカメラのコンセプトは「外食先で偶然出会ったおいしい料理をその場ですぐに友人や家族に紹介するためのデジカメ」です。このコンセプトを実現するための4つの機能として、外食時でも簡単に友人や家族に紹介できる「赤外線ボタン」、食べた料理をおいしさの評価ごとに保存する「5つ星フォルダ」、食後の感想をボタン一つで保存可能な「録音ボタン」、料理の感想やお店の情報を書き込める「タッチペン付きメモパッド」。お料理カメラにちなんだインターフェースのデザインにも注目してみてください。

●タイトル:Dragonfly
特徴は カメラが飛ぶことです。カメラとコントローラーに分離させることで撮影者は被写体に回ることができます。手の限界範囲を取り払い撮影者も好きに動くことが出来るのでより自由に臨場感のある多様な写真を撮ることができます。

タイトル
College Night 写すためのデザイン

場所
アップルストア銀座 プレゼンテーションルーム

日時 2月24日(火)午後6時30分〜8時
アップルストア銀座のサイトのスケジュールの2月24日に詳細があります。

授業名
インタフェースデザイン演習 (2年後期開講)

参加学生
武蔵工業大学環境情報学部情報メディア学科2年生 有志 

内容
 学生自身の写真を写す活動を調査して、自分達の活動に必要なデジカメのプロダクト、ユーザーインタフェースをデザインして提案します。私も冒頭に少しレクチャーします。

Apple Store Ginza College Nightでプレゼンテーション

Apple Store Ginza

« つづきチルコロMAP | トップページ | 平成20年度卒業展覧会「TAKE OFF」 »

武蔵工業大学についての情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/44122383

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Store Ginza College Nightでプレゼンテーション(続報):

« つづきチルコロMAP | トップページ | 平成20年度卒業展覧会「TAKE OFF」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31