無料ブログはココログ

« 多摩市ミニバスのシンボルデザインの選定 | トップページ | 日経ビジネスON LINE に小池研究室のロボット研究の記事 »

2009年2月 4日 (水)

学部パンフレットと学部Webの情報の連動

 環境情報学部には、学部専用の紙のパンフレットとWebがありますが、昨年、これらの内容を決定する大学側のディレクターの一人になりました。このとき、非常にうまくいったのは、紙のパンフレットとWebを同じ制作会社に依頼したことです。

 いままで、紙のパンフレットとWebはまったく連動していなくて、バラバラに作られていました。しかし、外部の受験生などから見れば、同じが学部の情報を提供しているのですから、両者は内容、デザインはできるだけ共通点があったほうが、同じ組織が提供していることがわかります。

 また、学部の持っている情報も画像、テキストなど、ソースは同じですから、それを紙媒体とWeb用にアレンジしたり、振り分けたり、役割分担すればいいわけです。

 紙媒体と、Webを同じ会社に制作してもらうことで、これらを別々の会社に依頼するより、コスト的にも時間的にも、大学と制作会社のコミュニケーションのしやすさという意味でも効率的です。

 そのような方針を決めて、事務サイドといっしょに両方が一度にできる制作会社を探したのですが、なかなか見つかりません。印刷かWebか、どちらか中心の会社だったり、大きい会社が請け負って、その会社がまた他の別々の印刷会社とWeb会社に外注してしまっても、いままでのやり方とかわりません。

 やっとみつけたのが、今、依頼している会社で、社内に印刷部門とWeb部門を両方持っています。小さい会社なので、社内の両部門のコミュニケーションも円滑です。学部からの要望も一度伝えれば、両媒体に反映されるのです。

 今、世の中にある制作会社は、印刷物専門会社とWeb専門会社にわかれていることが多いですが、大学などのクライアントが求めているのは、同じ情報を効率よく印刷物とWebにいかに振り分けて、それぞれの媒体の特性を生かして両方をデザインできる制作会社ではないでしょうか。

 学部の情報を紙のパンフレットとWebに振り分ける試みもはじまったばかりなので、紙のパンフレットと連動したWebもまだ一部しか実現していませんが、今後もいろいろ可能性を追求していきたいと思います。

パンフレットと連動した学部web

Photo

Web

« 多摩市ミニバスのシンボルデザインの選定 | トップページ | 日経ビジネスON LINE に小池研究室のロボット研究の記事 »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111410/43958877

この記事へのトラックバック一覧です: 学部パンフレットと学部Webの情報の連動:

« 多摩市ミニバスのシンボルデザインの選定 | トップページ | 日経ビジネスON LINE に小池研究室のロボット研究の記事 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31