無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

Windowsにruby-serialport-0.7.0 をインストール

Macだと

sudo gem install ruby-serialport

ですぐにインストールできるのに
Windowsだとすぐにできない。
Windows用にビルドされたバイナリが必要。

こちらで公開している
GAINER/memo01 - 千秋メモ

から
ruby-serialport-0.7.0-mswin32-gem.zip
をダウンロード

解凍して
ruby-serialport-0-2.7.0-mswin32-gem
のフォルダに移動して

gem install serialport-0.7.0-x86-mswin32-60.gem

でインストールできる。

gem list --local

でインストールされていることを確認できる。

以下を参考にさせていただきました。

http://www.wasamon.net/miyo/index.cgi?page=Diary%2F2011-8-7

http://www-ice.yamagata-cit.ac.jp/ken/senshu/sitedev/index.php?GAINER%2Fmemo01

2012年2月25日 (土)

SyntaxHighlighter 3.0をココログにインストール

忘れないうちにメモ

ブログにきれいにソースコードを表示するSyntaxHighlighter 3.0をいれてみた。
ソースコードをダブルクリックすると選択状態になる。


ここからダウンロード
http://alexgorbatchev.com/SyntaxHighlighter/download/

管理画面のコントロールパネル>ファイル
でScript3とStyles3
というフォルダを作成。フォルダ名はなんでもいいそうです。

Script3の中にダウンロードしたフォルダのscriptフォルダの中の

shCore.js

及び必要な言語のファイルを選ぶ。 
私は
Ruby PHP Peal Javascript xmlを選択。

shBrushRuby.js
shBrushPhp.js
shBrushPerl.js
shBrushJScript.js
shBrushXml.js

をアップロード

Styles3のフォルダにダウンロードしたstylesフォルダに入っていた
shCore.css
shThemeDefault.css

をアップロード

以下のjavascriptを作成し











ブログ>設定

「ブログのサブタイトル(キャッチコピー)」
の中にコピーして
「変更を保存」を押して「サイトに反映」で反映させる。

ブログ中にpre タグで囲んでソースコードを記述

TEST

http://todotani.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/syntax-highligh.html
http://aquaman.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/windowonload-fu.html

を参考にさせていただきました。

2012年2月19日 (日)

平成23年度東京都市大学環境情報学部 小池研究室・岡部研究室合同卒業展覧会

ご無沙汰しています。最近、facebookでの投稿が増えています。

東京都市大学環境情報学部の小池研究室、岡部研究室が共同で研究成果の発表を行います。是非いらしてください。


場所:神奈川県民ホールギャラリー 第2展示室
http://www.kanagawa-kenminhall.com/kh_access_f.html

日時:
3月9日(金)11:00~17:00
3月10日(土)10:00~17:00
3月11日(日)10:00~15:30
お問い合わせ:tcu.sotsuten2012@gmail.com

公式サイト

内容(小池研分) 岡部研の内容は公式サイトをご覧下さい。

4年生
(1)コミュニティバスのデザイン
東京都多摩ニュータウンでコミュニティバスを走らせようとしている住民活動に参加しながら、コミュニティバスを巡る、人とモノのネットーワークのデザインについてフィールドワークを行いました。
また、コミュニティを活性化させるデザインの役割のひとつである「ビジュアライズ(情報の可視化)」についても自らビジュアライズの実践しながら考察しました。


(2)フィジカルコンピューティングのコミュニティのデザイン
ユーザーが、大量生産品ではなく、自分で必要な物を自分で作る、フィジカルコンピューティングやパーソナルファブリケーションの時代を迎えつつあります。日本でもネットやリアルの世界でフィジカルコンピューティングを実践するコミュニティが多数存在します。小池研では、自らフィジカルコンピューティングの実践を行い、日本のフィジカルコンピューティングのコミュニティに参加することを通して、このような新しいものづくりがどのような人やモノのネットワークによって成り立つのかをフィールドワークしながら明らかにします。今年度は、フィジカルコンピューティングを企業活動に取り入れているチームラボ株式会社のフィールドワークも行いました。

(3)ロボットを使用したワークショップにおける共創プロセスの研究
NEC 日本電気株式会社C&Cイノベーション研究所との共同研究。パーソナルロボットPaPeRoをNECから貸与を受けて、東京 成城にある東京都市大学付属小学校において小学生がロボットを使用して、学内で活動する「東京都市大学付属小学校ロボットクラブ」を結成しました。ロボットクラブは他の小学生に見せる演劇やクイズなどのコンテンツをブレインストーミングして制作し、学内で披露するのですが、そのアイデアを生み出す共創プロセスが、小学生が所属する小学校というコミュニティとどのように関係していくのかをワークショップを行い、小学生の活動をフィールドワークすることを通して明かにしていきます。


(4)インタラクティブグラフィックスのデザイン
Web上などで多く使用されている情報をわかりやすく、動的に表現するインタラクティブグラフィックス。しかし、そのインタラクティブグラフィックスをデザインする方法はまだ確立されていません。
小池研はながらく静止画のインフォグラフィックスのデザインプロセスの研究を行って来ましたが、その成果を動的なインタラクティブグラフィックスのデザインプロセスの研究に拡張しています。実際に、インタラクティブグラフィックスを制作することを通して、そのデザインプロセスを明らかにしていきます。
昨年までは、インタラクティブグラフィックスをFlashで制作していましたが、今回からHTML5+Javascript+CSS3で実装するように切り替えました。その実装方法もまだ試行錯誤ですが、その苦労もご説明できると思います。


3年生
(1)フィジカルコンピューティングの作品展示
ユーザーが自分で必要なものを自分で制作するパーソナルファブリケーションを実践するために、学生が自分の日常生活に必要な物を、オープンハードウェアのArduino(アルドゥイーノ)と3Dプリンターを使用して制作しました。プロダクトデザインにおいて動的なプロトタイプを制作することによって、従来の静的なモックアップなどでは不可能であった、プロダクトの動き、音、光などもデザイン対象になります。また、何度も作り直す、プロトタイピングのデザインプロセスとしても有効です。

今後、このようなオープンハードウェアや3Dプリンターなどによる動的プロトタイプ制作は、デザイン教育の中で重要な位置を占めていくと思われます。


(2)インタラクティブグラフィックスのデザインの作品展示

情報を動的に表現するインタラクティブグラフィックスをデザインしました。4年生のインタラクティブグラフィックスのデザインプロセスを使用しています。HTML5+Javascript+CSS3で実装しています。

« 2011年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31