無料ブログはココログ

2011年1月27日 (木)

アップルストア銀座 プレゼン2011「写すためのデザイン」

私が教えている、「インタフェースデザイン演習」の成果発表をします。是非おこしください。

タイトル
写すためのデザイン

日時
2月16日(水)
午後6時30分〜8時30分

場所
アップルストア銀座 プレゼンルーム
http://www.apple.com/jp/retail/ginza/

発表
東京都市大学環境情報学部情報メディア学科2年生有志

内容
東京都市大学環境情報学部情報メディア学科2年生の授業「インタフェースデザイン演習」の成果発表

学生自身の写真を撮影する活動を調査し、自分たちの活動にふさわしいデジタルカメラと画像共有サイトのインタフェースデザインをグループで行いました。


ハードやソフトの性能や、外観からではなく、人間の活動からデザインを行う試みです。学生たちは約半年間、既存のデジカメ、既存の画像共有サイトの調査、自分自身の写す活動の調査、コンセプトワーク、モックアップ、動的プロトタイプのデザイン等に取り組んできました。

情報メディア学科は純粋な「デザイン学科」ではありませんので、彼らにとってはじめてのデザインの経験でしたが、意欲に満ちています。

また、彼ら自身がデジカメや画像共有サイトのユーザーでもありますので、素朴に今の若い人たちが、どのようなデジカメや画像共有サイトを必要としているのかを知る事もできるでしょう。

2年前にもこのプレゼンをアップルストアで行いましたが、そのときには企業のデジカメの開発を行っているデザイナーの方達が多くいらっしゃいました。

2009年8月 1日 (土)

3Dプリンターワークショップ2009

昨年に引き続き、東京都市大学のオープンキャンパスにおいて
環境情報学部が保有する3Dプリンターを使用した
高校生向けのワークショップを開催します。
入場無料です。
高校生向けですが、高校生以外の方も参加可能です。
3Dプリンターに関心ある方は是非おこしください。

日時
8月2日(日)、3日(月)

10時50分から4時30分まで

運営
東京都市大学デザインスクール

場所
東京都市大学環境情報学部 横浜キャンパス
情報メディアセンター1階

内容
3Dプリンターを使用して携帯ストラップを作る。
3DCADを使って携帯ストラップを制作して3Dプリンターで出力して持ち帰る。

制作時間
データ制作10分、出力15分程度
(混み具合で、合計1時間程度かかります。)

併設展
(1)3Dプリンターによる作品展
(2)Gainerを使用した簡単なデモ

東京都市大学オープンキャンパス


A1

2009年4月 1日 (水)

東京都市大学グループ誕生記念コンサート

3月30日の夜、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで東京都市大学グループ誕生記念コンサートがあり、聴きに行きました。東京都市大学関係者は無料で招待、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団、コンサート会場は、オーチャードホールというゴージャスなコンサートでした。

曲目は、ショヅタコヴィッチの祝典序曲、ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調作品125「合唱つき」でした。最初に東京都市大学グループ共通の学園歌「夢に翼を」が披露されました。作詞・作曲は岩代浩一氏、作曲は岩代太郎氏です。

東京都市大学グループ結成の記念にコンサートはよかったと思います。生の第九をコンサート会場で全部聴いたのは初めてでした。会場には東京都市大学の系列校の教職員がほとんど来ていたと思います。全系列校の教職員同士が参加し、士気を高める機会でもあったのですが、コンサート主体でしたので、会場で彼らと話す時間がなかったのは残念でした。

「夢に翼を」の曲を広めるのに、初音ミクに歌わせてYouTubeに公開してはどうかと思いました。

Concert

今日から東京都市大学に

本日から武蔵工業大学は東京都市大学に名称がかわり、文系、理系、文理融合の5学部体制の総合大学になりました。よろしくお願いします。校舎の大学名も新しくなりました。電話で「東京都市大学の小池です。」というのにまだ慣れていません。(笑)

Img_7698

Img_7699

2009年3月18日 (水)

アップルストア銀座 プレゼンテーション終了

2月24日の午後6時30分から情報メディア学科の授業「インタフェースデザイン演習」の履修者の有志によってアップルストア銀座で課題のプレゼンテーションを行いました。6グループが参加して、自分たちの活動からデザインしたデジカメのプロダクトやインタフェースを発表しました。

特に大きな宣伝はしなかったのですが、武蔵工業大学の関係者以外の多くのお客様に来ていただきました。コメントをあらかじめ富士フィルムのデザイナーの小島さんにお願いしてあったので、ひとグループずつコメントをいただきました。ありがとうございます。

驚いたのは、ギャラリーの中にカメラメーカのデザイン部の部長さんをはじめ5人くらいのデザイナーの方が大挙していらしていて、学生のプレゼンを聞いていただいたことです。プレゼン終了後に学生にコメントもいただきました。カメラメーカーのデザイナーの皆さんは、「ユーザーがデザインしたカメラ」に大変興味があったようです。

また、小池ゼミのOBも何人か駆けつけてくれました。皆都内で努めているので、会社から歩いてきたOBもいました。

今回、アップルストア銀座のお誘いでプレゼンが実現したのですが、ストアのスタッフの方にも好評でした。

プレゼン後は銀座で打ち上げをしました。小島さんや、OB、授業のアシスタントを務めた小池ゼミの3年生2名も参加しました。今回の2年生は小池ゼミのゼミ生ではありませんが、プレゼンのために2月に作品を改良して小池ゼミ並みの活動をしていました。

今回のアップルストア銀座でプレゼンする準備は、私も学生も非常に大変だったのですが、授業だけで終わらせるのではなく、学外できちんと成果発表することは、学生にとっても、本学にとってもいいと思いました。作品を改良し、発表し、学外の方にも評価され、発表することで学生のキャリアになります。

2年生の皆さん、お疲れさまでした。

Img_6814

Img_6791

Img_6829

2009年2月20日 (金)

Apple Store Ginza College Nightでプレゼンテーション(続報)

2月24日のApple Store Ginza College Nightでプレゼンテーションの続報です。
今回6チームが参加します。
各チームのデザインしたデジカメの名前と内容です。

●タイトル:WizU
ユーザが撮る写真と半自動化で撮られる写真により、ユーザの思い出を完璧に作る、ということをコンセプトに考えたカメラです。360°動くレンズと親しみやすい丸いフォルム、首から掛けられるようになっており、肌身離さず一緒に行動して貰えることを願ってこの名前を付けました。

●タイトル:Transeformer
主にスポーツ等の試合観戦を目的にした、手動式で起動する双眼鏡型カメラです。
特徴的な機能として、人物登録、障害物停止機能があります。
全体として、安定性と速攻性を重視したデザインになっています。

●タイトル:ペットりくん
普段、自分しか見ることのできない可愛いペットの表情を他人にも見せたい,という飼い主の気持ちを考え、飼い主が『ペットとのふれあいを撮ることができる』というコンセプトでデザインしました。

●タイトル:Love Situation
Love Situationは、撮影した時の感情ごと相手に伝えるためのカメラです。目に見ることが出来ないその時の感情を“色”という視覚情報を通して自分に、他人に伝えることが出来ます。

●タイトル:Food Shot
このカメラのコンセプトは「外食先で偶然出会ったおいしい料理をその場ですぐに友人や家族に紹介するためのデジカメ」です。このコンセプトを実現するための4つの機能として、外食時でも簡単に友人や家族に紹介できる「赤外線ボタン」、食べた料理をおいしさの評価ごとに保存する「5つ星フォルダ」、食後の感想をボタン一つで保存可能な「録音ボタン」、料理の感想やお店の情報を書き込める「タッチペン付きメモパッド」。お料理カメラにちなんだインターフェースのデザインにも注目してみてください。

●タイトル:Dragonfly
特徴は カメラが飛ぶことです。カメラとコントローラーに分離させることで撮影者は被写体に回ることができます。手の限界範囲を取り払い撮影者も好きに動くことが出来るのでより自由に臨場感のある多様な写真を撮ることができます。

タイトル
College Night 写すためのデザイン

場所
アップルストア銀座 プレゼンテーションルーム

日時 2月24日(火)午後6時30分〜8時
アップルストア銀座のサイトのスケジュールの2月24日に詳細があります。

授業名
インタフェースデザイン演習 (2年後期開講)

参加学生
武蔵工業大学環境情報学部情報メディア学科2年生 有志 

内容
 学生自身の写真を写す活動を調査して、自分達の活動に必要なデジカメのプロダクト、ユーザーインタフェースをデザインして提案します。私も冒頭に少しレクチャーします。

Apple Store Ginza College Nightでプレゼンテーション

Apple Store Ginza

2009年1月29日 (木)

「東京都市大学」効果、受験生前年比約20%増

本学のセンター試験、前期試験、全学部統一試験の受験者数は、昨年度比で約20%増加する模様です。今年の4月から武蔵工業大学は東京都市大学に名称変更し、新学部もできて5学部の総合大学になりますが、校名変更がプラスに働いているようです。よかったです。しかし、全国的、長期的には、受験生は減少していきますので、今回は本学の校名変更、新学部、新学科誕生などへの「御祝儀」と捉え、慢心せずに、引き続き、受験生にとって魅力的な教育・研究の充実を心がけていきたいと思います。

武蔵工業大学2009年入試志願状況

2008年12月24日 (水)

研究室合同展示(諏訪研・小池研・小倉研)

環境情報学部の諏訪研(情報系)、小池研、小倉研(情報系)の3研究室による合同展示です。学内向けのミニマムな展覧会で、特に学外には広報していません。ポスターは諏訪研究室に作っていただきました。

もともと私の大学院の授業で諏訪研の院生とGainerのことを話していて、Gainer研を作ったのが発端です。その後、諏訪先生のはからいで、小倉先生も参加して展覧会が実現しました。小池研からはGainerで電子楽器を作っている3年生が参加します。諏訪研究室は全員で参加します。

環境情報学部は学際的な学部です。学内の環境、情報、デザイン(小池研)の三位一体の研究室同士のコラボレーションがもっと進むといいです。

開催日程及び開催場所
 日時:2009年1月16(金) 10:30 -16:00
     2009年1月19(月) 10:30 -16:00
 展示場所:情報メディアセンター メディアホール

企画展示内容(内容は変更するかもしれません)
(1)諏訪研究室展示案
【省エネシステム班】 ビル省エネシステムBACFlex(4年生、3年生)(環境関係)
【環境モニタリング班】 環境モニタリングシステム(3年生)(環境関係)
【事例研究班:3年生】 
・Gainer楽器及びGainerテトリス/、Gainerブロック崩し(3年生+小池研)
・センサネットワークを用いたダンジョン探索ゲーム(3年生)
【卒業研究班:4年生全員】 
    ・海外フィールド研修のための環境教育ポータルサイト(環境関係)
・研究室Wikiの活用事例、(小規模ネットワーク向けネットワークアプリケーシ
ョン)
・大規模LANにおけるペネトレーション手法
・感覚的操作による家電制御技術
・タグの移動速度に対する読み取り精度(RFIDの実験装置)
・心電計を用いたライフログの作成(産総研技術研修内容)
・歩行者流動のマルチエージェントシミュレーション(産総研技術研修内容)
・Wiiリモコンによるインタフェース 他
【修論班:大学院生全員】
・Gainerを利用した気圧変化による画像撮影制御(環境関係)
・近距離無線方式による照明機器最適制御方式(環境関係)
・無線加速度センサを用いた運動認識
・ネットワーク利用状況の検知によるセキュリティ対策
・文章解析を活用したメールにおける情報支援システム

(2)小池研究室展示案
【Gainer研】 Gainer(小池研3名、諏訪研3年生)
Gainerを使用した電子楽器

【3D研】3Dプリンタ作品展示
1、2年生有志による3Dプリンターを使用したプロダクトデザインの作品展示
照明器具、眼鏡、食器、文房具、ドアノブ、ゲームコントローラーのプロダクトデザイン

(3)小倉研究室展示案
 ロボコン作品(飛行船など)展示


2_2

3

2008年8月 5日 (火)

3Dプリンターワークショップ2日目

Img_3114

Img_3056

Img_3071
3Dプリンターワークショップは、今日も盛況でした。今日も3Dプリンターは生産能力の限界まで終日稼働し続けました。高校生にとっては非常に満足度の高いイベントだったようです。情報メディア学科有志の1、2年生の学生たち、ご苦労様でした。

2008年8月 3日 (日)

3Dプリンターワークショップ一1日目

Img_3029

Img_3036

Img_3032

Img_3048
グループワークルームで1、2年生の有志といっしょに行っているオープンキャンパスの正式イベントである「3Dプリンターワークショップ」ですが、今日、果たして人が来るのか心配でしたが、1日の3Dプリンターの生産能力の限界である約30人近いに来ていただき、携帯ストラップを作って持ち帰っていただきました。同伴のお母様や、小学生も参加しました。

ワークショップは、Macのストラタ3Dのソフト上であらかじめ作ったストラップの土台の図形の上に、アルファベットの図形を載せすだけでデータは完成します。それを3Dプリンターで「プリント」するのですが、ストラップ1個につき10分程度かかります。3Dプリンターは一度の何個ものストラップを同時に製作する能力はありますが、1個プリントしても複数プリントしてもプリント時間は、10分×個数になります。

ワークショップの最後の方はデータ製作は終わっても何人もの方のプリントに時間がかかって、プリントが終わるまでお待ちいただきました。

ワークショップを運営している情報メディア学科の有志6人も大活躍でした。明日も開催します。是非来てください。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31