無料ブログはココログ

2009年6月30日 (火)

iPhone3GS導入

名古屋の名古屋市立大学で開催された日本デザイン学会でOBの山田さんと行ったコミュニティバスの研究発表を行いました。

その発表を見に来てくれた小池研OBのK君に、発表後の会場で彼の買ったばかりのiPhone3GS見せびらかされたわけではありませんが(笑).......

私も帰りの新横浜駅のビックカメラで即、iPhone3GSを導入しました。iPhoneの発売日の翌日だったので、売り切れと思っていたのですが、運良く残っていた白色の32Gの最後の1台を手にいれました。最初にアメリカで初代iPhoneが出た時に、手にいれたのですが、日本では電話機能が使えませんでした。これまでそれをiPod touchのように使っていました。通信手段は無線LANだけです。

iPhoneのOSが3.0になってからこれまで使っていたMobile me が格段に便利になりました。プッシュ機能で、Mobile me を経由して、大学のMac、家のMac、iPhoneのアドレス、ブックマーク、スケジューラーのデータのどれを更新しても、更新した瞬間に他のマシンのデータも同期するのです。これもiPhone3GS導入の決めてのひとつです。

iPhone3GSになって、Mobile meの同期がいつでもどこでもできるようになりました。体感速度も速いです。しかし、日本語入力はまだまだです。ユーザー辞書もありません。iPhoneに限らず、タッチパネルによる日本語入力のインタフェースデザインにはまだまだ改良の余地がありますね。

対処療法として、アドレスに入力した文字をユーザー辞書的に使う裏技もあるそうです。

iPhone mania! 〜アプリと小技の紹介〜


Iphone

2007年9月30日 (日)

iPhoneを入手しました

Dsc00330iPhoneを入手しました。学生たちとさわってiPhoneのインタフェースの勉強をしています。やはり、ビデオなどで見るのと触ってみるのでは大違いです。学生たちにも最先端のインタフェースデザインに触れて刺激を受けてもらいたいです。

ファーストインプレッションは、電池がなくなるのが意外に早いこと。電源をオフにしなければ、毎日充電が必要です。iPhoneにはiPod touchと比べてカメラや、グーグルマップやメールがありますが、日本語が使えません。iPod touchが日本語が使えるのはいいですが、スケジュールも閲覧のみです。

iPhoneは、電話というよりは小型のコンピュータとして作られています。iPhoneは、小型のコンピュータを持ち歩くという新しいユーザーの活動を生み出すことでしょう。

2007年3月15日 (木)

プリンカム復活希望

アサヒコムの「どらく」で元バレーボール選手の益子直美氏のインタビュー記事
「あの有名人のお宝カメラ 益子直美さん大切な思いでを作るプリンカム」
を見ていたらプリンカムがとても欲しくなりました。

プリンカムは富士フィルムが平成11年10月に発売した、その場でプリントできるデジカメ
「 デジタル インプリンターカメラ FinePix PR21 」
です。富士フィルムには「チェキ」というインスタントカメラがありますが、データ保存はできません。プリンカムはデジタルカメラ技術とインスタント写真技術を融合したデジカメでした。今は生産していません。益子直美氏は生産中止直前に5台のプリンカムを買ったと書いてありました。

益子直美氏は海外の旅先でインスタント写真を撮って、撮った人にその場であげたりするコミュニケーションツールとして、また旅の思い出として、撮影したら即インスタント写真にコメントを書き込んでアルバムを作ったりしているそうです。

写真を撮った瞬間にその感動を「固定」して写された人と写した人が共有したり、興奮冷めやらぬときに自分のコメントとともにアルバムにしたり、インスタントカメラと違って、その写真データも保存されて手元に残るのはいいいところですね。

プリンカムは当時、重量は700g、価格も99800円で大きめでしたが、今の技術ならもっと小さく安くできるかもしれません。

7年前には時代が追いついていなかったかもしれませんが、もう一度、このプリンカムのような「写す人と写される人の感動共有、感動瞬間固定」のコンセプトのプリント機能つきデジカメを作りませんか?  富士フィルムさん!

どらく

富士フィルム プリンカム

2006年11月15日 (水)

PowerShot G7入手しました

キャノンのデジカメPowerShot G7を入手しました。今、大人気でまったく手に入らない状態だそうです。たまたまよったお店にあった最後の1台でした。店員さんに「幸運でしたね!これでしばらくは入荷しないでしょう。」といわれました。幸運でした。
レポートはまた後日に。
キャノンPowerShot G7

2006年11月13日 (月)

最後の一粒までおいしいまるごとコーンスープ

Img_5008
寒くなりましたね。夜、遅くに駅で電車を待っている時にいつもお世話になっているのが缶のコーンスープ。中にコーンの粒がはいっているのですが、今までの缶はプルトップ型なので、どうしても粒が缶の中に残ってしまい。取り出すこともできないので、悔しい思いをしていました。缶の説明書きには「缶を回転させながら飲むといい」と書かれていますがうまくいきません。

それで最近見つけたのがDyDoの「最後の一粒までおいしいまるごとコーンスープ」です。蓋が完全に開栓できるので、コーンの粒が最後の一粒まで食べられます。あるようでなかったコーンスープに相応しい缶です。

ニュースリリース

2006年3月29日 (水)

電池がどれでもライト

Img_3673
ナショナルの「電池がどれでもライト」というライトを紹介します。単1から単3まで電池を選ばずに使用できるのが特徴です。グッドデザイン賞も受賞しています。上部のダイヤルで内蔵する電池を切り替えるようになっています。1000円弱です。もうひとつ機能をプラスするならば、今は、同種の電池を2つ並列して接続しているのですが、緊急時に、家にあるありあわせの電池を使うときに、異なる電池を一個ずつでも並列に接続できるといいと思いました。

このライト、とある別の目的で買いました。今、ゼミ生がこのライトを「スケッチ」しています。(笑)

2005年度グッドデザイン金賞
商品説明


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31