無料ブログはココログ

2008年8月 5日 (火)

ブロックで作るキカイの本

Img_2463レゴで次々にユニークなロボットなどの作品を作り出す、五十川芳仁(ISOGAWA Yoshihito)氏の「ブロックで作るキカイの本」が発売されるそうです。

五十川さんは今年の4月に武蔵工業大学の小池ゼミや、教職課程のレゴマインドストームを使用した授業に来ていただき、学生達にレゴブロックでロボットの作り方を教えていただいたり、オリジナルロボットを見せていただきました。写真はそのときのものです。

ブロックで作るキカイの本三部作

isogawastudio

2008年8月 3日 (日)

教育実習事後指導会

Img_30018月1日に、教職課程の4年生と教育実習の事後指導会を行いました。教育実習から学生が帰ってきたので、学生たちと教職課程の教員で教育実習の体験について議論をして、レポートにまとめてもらいました。皆ご苦労様でした。

2007年7月 8日 (日)

Squeakを使用した教材デザインの授業

Img_1163

Img_1166
教職課程の授業でSqueakを使用した教材デザインの授業を行っています。この授業の前半はレゴマインドストームを使用したロボットデザインを通した教育環境のデザインの授業でした。

後半は、Squeakを使用を使用して高校の情報教育で使用する教材を学生がグループになってデザインをしています。今年は昨年、小池ゼミが開発したSqueakを学習する教科書があるのでそれを使用してSqueakの基礎は学びました。しかし、教材デザインとなると高度な知識も必要になるので、授業のサポーターとしてヱンガワのプログラマーである横川さんに授業に来ていただきました。

お願いしたのは「Squeakのリアルタイムプログラミング」です。学生は、作りたいものはわかっていますが、それをSqueakでどのようにプログラムするのかはわかりません。そこで学生は横川さんに自分の作りたい教材のイメージスケッチをお見せして、そこから横川さんに、その場で教材の核になる部分のSqueakのプログラムや、Etoyを作っていただくのです。いわば「即興プログラミング」 。私もご無理なことを横川さんにお願いしてしまいました。

学生はどんな要望を横川さんに出してくるかわかりません。しかし、横川さんには、すべてのグループの学生の要望に対して有効なアドバイスをして、プログラムをその場で書いていただきました。逆に「このようにしたらもっとうまくいく」というような、学生の教材のデザインについてもアドバイスをいただきました。SqueakやEtoyの手軽さも一役買いました。もし、同じことを他の言語でしようとすると、とても多くの時間と知識が必要になります。

横川さんはご都合があって、授業の最期まで参加できませんでしたが、教室内でデザイナー(学生)とプログラマー(横川さん)のとてもいいコラボレーションができたと思います。これも横川さんがデザイナーとのコラボレーションに関心をもつような柔軟な発想のプログラマーだからだと思います。

私もSqueakのプログラミングの勉強になりました。ありがとうございました。

ヱンガワ(横川さんのポータルサイト)
ヱンガワ生活(横川さんのブログ)
スクイークランド

2007年7月 7日 (土)

都立戸山高校訪問

Img_1102
本校の教職課程の学生が都立戸山高校で教育実習をさせていただき、研究授業があったので見に行きました。校舎も新築され、とてもきれいでした。

ここの情報の授業は、一学期でワード、エクセルなどの「パソコン教室」を終えてしまい、二学期以降は、JavaScriptやVisualBasicなどのプログラミングまで踏み込むような高度な授業を行っていました。いままでに拝見した他の高校の情報の授業の倍のスピードで授業が進んでいるのです。

研究授業中も教室は私語もなく静まりかえり、キーボードを叩く音だけが聞こえます。戸山高校恐るべし。このような生徒がたくさんいれば、先生の負担も少なく、もっと高度な教育をすることができますね。

都立戸山高校

2007年5月16日 (水)

教育実習事前指導会2007

Img_10255月12、13日に、本学部の教職課程の教育実習の事前指導会を行いました。今年、教育実習に行く予定の4年生全員が、模擬授業を行って実習に備えるイベントです。今年も外部の高校の先生方に来ていただき、学生の授業のコメントをいただきました。2日間、終日にわたる指導会でしたが、ご参加いただいた、先生方ありがとうございました。学生たちもお疲れさまでした。これから、それぞれの学生が、高校での実習に参加していきます。

2006年11月 5日 (日)

「情報」の時間に「数学」

asahi.comに「新科目「情報」、受験対策にすり替え 入試に出ず」

の記事がありましたのでご紹介します。
今、高校で問題になっている履修漏れ問題で「情報」の授業が、数学に振り返られたり、時間数が少なかったり
して、きちんと行われていないことが指摘されています。
入試に出ないというもの大きいようです。

これでは、本学の学生が一生懸命教職情報の勉強をしても、
今の状態では、教科情報がおかれている状況は厳しいです。
抜本的な対策を望みます。

asahi.com 新科目「情報」、受験対策にすり替え 入試に出ず

2006年9月24日 (日)

大倉山高等学校 研究授業

Img_4723_1

22日に、系列高校の東横学園大倉山高等学校に、教育実習生のKさんの研究授業を見にいきました。6月に一度別の実習生がお世話になり、一度うかがったので、今回は、二度目です。

本学の教職課程の4年生が教育実習でお世話になっていて、最終日に実習の成果を先生方で評価する授業です。
校長先生も研究授業をご覧になられていました。校長先生はブログもされていて、大倉山高校の情報を熱心に発信されています。
実習生の授業も、大学で行っていた模擬授業に比べると格段に上手になっています。

研究授業もおわり、情報科の先生お二人と私で実習生に講評を行いました。
先生方の指導も熱心で本当に頭が下がります。
例えば、学生の板書の話になり、学生の板書を「自分ならこう書きます」といって、
板書の見本を紙に書いて、私たちに見せてくれました。
他の先生にも、「生徒の名前を全員覚えるように」と指導していただいたそうで、
授業中も生徒の名前を呼んで、良好なコミュニケーションができていました。

前回の実習生の実習日誌を見ても、丁寧に指導していただいていることがよくわかります。
やはり、このような教育者の人材が、よい教育現場を作り上げているのだと痛感しました。
今回もお世話になり、ありがとうございました。

9月30日、10月1日に神無祭という学園祭が開催されるそうです。

東横学園大倉山高等学校

大倉山高校 校長先生のブログ


2006年8月 3日 (木)

教育実習事前指導会

1日、火曜日に、後期に教育実習にいく3年生の事前指導会を大学で行ないました。3年生で後期に実習にいく学生はとても少ないのですが、模擬授業を行ない、講評をして無事おわりました。教育実習が本人たちにとっていい経験になることを祈っています。

2006年7月27日 (木)

教育実習事後指導会

Img_3887今日夜6時から、教職課程の教育実習の事後指導会を行ないました。これは前期に教育実習にいった4年生が教育実習を終えて大学に戻ってきたので、全員で集まって、教育実習の報告や反省を行なうものです。1人5分程度で、自分の実習の体験を皆の前で報告しました。

報告の中で、行った高校で情報教育への取り組みがまったく異なることがわかります。非常に熱心な先生がいらして厳しく指導をうけた学生もいましたし、情報教育も教育現場では試行錯誤をしているところです。

「生徒以上先生未満」ということも話題にでました。これは、学生が教育実習にいくと生徒ではないので、生徒と友人のように同調するわけにはいきません。先生として振る舞おうとするのですが、生徒から完全に先生として見られている訳ではありません。逆に現場の先生からは、先生として振る舞うことを要求されますが、生徒の気持ちもわかるので、先生らしくなれない部分もあり、微妙な2週間だったそうです。でも実習生は、やはり「先生」でなければなりません。

教育実習を終えて、さらに教員になりたいという意欲をもったり、高校の教育現場で社会勉強して、精神的にもパワーアップした学生も多かったです。彼らの報告を聞いてそう感じました。

また、大学の教職に指導についてもコメントがあり、それは今後の指導に生かしていきたいと思います。

学生の皆さん、事後指導会お疲れさまでした。

2006年6月27日 (火)

神奈川県立新羽高校訪問

Img_3862今日、横浜市営地下鉄の北新横浜駅近くにある、神奈川県立新羽高校(にっぱこうこう)を教育実習のことで学生と訪問しました。本学近くの高校で教育実習をさせていただけることになってよかったです。ありがとうございます。

神奈川県立新羽高校


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31